国内企業向けネットワーク機器市場動向

アウトレット特別特価

IDC Japanから企業向けルーター、企業向けイーサネットスイッチ、企業向け無線LAN機器からなる国内企業向けネットワーク機器市場における2016年実績と予測を発表されました。

2016年から2021年の年間平均成長率はマイナス0.2%

2016年の国内企業向けネットワーク機器市場は、前年のプラス成長から一転して4.6%減のマイナス成長に転じ市場規模は2,053億4,900万円とのこと。

2016年の同市場は、データセンター向けイーサネットスイッチ需要の拡大や無線LANアクセスポイントの出荷台数増加は見られたものの、改めて浮き彫りになったといえる。

3つの製品分野のいずれも前年の市場規模を下回り、2016年の前年比成長率は、企業向けイーサネットスイッチ市場がマイナス4.9%、企業向けルーター市場がマイナス3.0%、企業向け無線LAN機器市場がマイナス6.0%。

2016年~2021年の年間平均成長率はマイナス0.2%で、2021年の市場規模は2,036億3,800万円と予測している。

■シスコシステムズが3つの製品分野すべてで2016年も首位。

市場全体の2位、3位はアライドテレシス、ヤマハで、前年の混戦状態から一歩抜け出した。