関西・九州地区での計画停電の情報

アウトレット特別特価

九州電力は7/2~9/7の平日の9時~20時に付、一昨年比マイナス10%以上の使用最大電力の節電を呼びかけるとともに、計画停電の実施要項を発表しています。
九州電力
セーフティネットとしての計画停電の概要
使用電力の推移を見ながら実施2週間前を目安に告知を行うとの事です。

関西電力も計画停電実施時の要綱をアナウンスしています。
こちらは、7月2日から下旬までの間の電力不足が懸念され、対策として計画停電も視野に入れている模様です。
関西電力株式会社

東京電力については、本年度については、「料金値上げのお願い」が確認できますが、まだ具体的には決まっていないようです。

昨年の計画停電では、十分に準備できていないまま施行されたこともあり、大きな混乱を招きました。
グループ分けされている中でも、実施されているエリアと実施されていないエリアが存在したり、本来必要であったかの討論もあり、
町は真っ暗となり、電車は間引き運転で時刻表もままならず、生産もストップ、サーバなどの設備関連も電源シャットダウンなどの作業にUPS対応。
それまで時代の最先端であったオール電化の家庭も、急いでカセットコンロを買い込んだりと悲喜様々でした。

最低限の作業として、サーバに接続してあるUPSは確認しましょう。
業務用のPCやサーバをUPSに接続していない場合は、速やかに設置することをおすすめします。

UPSの中身は基盤とバッテリーですので、当然ですが寿命があります。
耐用年数を超えたUPSは十分な蓄電量が得られず、役に立たない事があります。

詳細は、下記のエントリーもご確認ください。
UPSを点検しないと大変なことに…

UPS

短納期対応パソコン

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする