UPSのバッテリ交換は、計画的に!

アウトレット特別特価

交換時期を過ぎたバッテリを使っていると・・・

UPSは普段と変わりなく働き続けますが電源の瞬時停電などが発生した時にUPSの出力が止まりデータ消失など取り返しがつかなくなります。

さらに、そのまま使用しますとバッテリの容器が割れ、中の液が漏れたり、異臭・発熱・発火などの二次障害を引き起こす原因となりますので、寿命が尽きる前に交換をお勧めいいたします。

バッテリにも寿命があります。

UPSに組込まれているバッテリには寿命があります。

バッテリにはいろいろな種類がありますが300KVAに以下の小さなUPSには、小型制御弁式(シール)鉛バッテリが多く使われています。

このバッテリには従来品と最近普及を始めた長寿命品があります。

使用環境(温度など)によっても違いますが、従来品1〜3年、長寿命品2〜5年を目安として交換していただくようお願いします。

計画的なバッテリ交換でいつもフレッシュ

バッテリの交換(従来品では1〜3年、長寿命品では2〜5年を目安)と、ファンなどの消耗品の交換は購入後3年目をめどに、UPSは購入後6年目をめどに買い替えもご計画ください。

さらに、1年に1度の定期点検をお勧めします。

■UPSの耐用年数

10kVA以下 5〜6年

10kVA超  6〜10年

UPSも優しく扱ってください。

UPSに組み込まれているバッテリは温度が高くなると寿命が短くなるため、UPSは風通しのいい場所を選んで設置してください。

■壁から10cm以上離してください。

■直射日光を避けてください。

■埃の少ないところに置いてください。

■周辺機器から離してください。

■腐食性ガスや塩分、オイルミストのないところを選んでください。

■強い振動や衝撃のないところにおいてください、

バッテリは長年使用していると電気エネルギーを蓄積できる能力が徐々に低下し、その能力が半分になった時が寿命とされています。

UPSに使われるバッテリの交換時期の目安は、バックアップ時間が購入時の約半分になった時です。

それ以降は短期間に能力が減少します。

短納期対応パソコン

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする