2017年1月のWindows Update

アウトレット特別特価

wupdate

マイクロソフトが、本日2017年1月11日に、新規セキュリティ情報を公開しました。

今月は、緊急1件、重要3件の、計4件です。

緊急は「Adobe Flash Player 用のセキュリティ更新プログラム (3214628)」となります。

また、下記2件については、脆弱性が公開されているので、早急にアップデートすることをおすすめします。

  • MS17-001、Microsoft Edge 用のセキュリティ更新プログラム (3214288)
  • MS17-004、Local Security Authority Subsystem Service 用のセキュリティ更新プログラム (3216771)

上記の新規セキュリティ情報のほか、1件、新規のセキュリティ アドバイザリが公開されています。
Identity Model Extensions のトークン署名検証の脆弱性により、特権が昇格される

公開されているセキュリティ情報は、下記になります。

セキュリティ情報 ID セキュリティ情報タイトル 最大深刻度 脆弱性の影響 再起動の必要性 影響を受けるソフトウェア
MS17-001 Microsoft Edge 用のセキュリティ更新プログラム (3214288) 重要 特権の昇格 要再起動 すべてのサポートされているリリースの Windows 10 および Windows Server 2016 上の Microsoft Edge
MS17-002 Microsoft Office 用のセキュリティ更新プログラム (3214291) 重要 リモートでコードが実行される 再起動が必要な場合あり Microsoft Office 2016 および SharePoint Enterprise Server 2016。
MS17-003 Adobe Flash Player 用のセキュリティ更新プログラム (3214628) 緊急 リモートでコードが実行される 要再起動 Windows 8.1、Windows Server 2012、Windows Server 2012 R2、Windows RT 8.1、Windows 10、および Windows Server 2016。
MS17-004 Local Security Authority Subsystem Service 用のセキュリティ更新プログラム (3216771) 重要 サービス拒否 要再起動 Windows Vista、Windows Server 2008、Windows 7、および Windows Server 2008 R2。