Windows Server 2016 Datacenterが可能にする最新の技術、SDI

アウトレット特別特価

今、ITシステムのトレンドは、SDI(Software Defined Infrastructure)の方向へとシフトしつつあります。

それまでは、高価なハードウェアを揃えて、ネットワークやストレージなどの機能を構成していましたが、それを安価なIAサーバをプラットフォームにして、ソフトウェアで制御してしまおうとういのが、その発想です。

これには、仮想化の進歩が非常に貢献をしていますが、なんとWindows Serverにも、この波が押し寄せています。

下記は、Windows Server 2016のエディション別の新機能比較です。

Standard Datacenter
Windows Serverの基本機能
OSE/Hyper-Vコンテナ数 2 無制限
Windows Serverコンテナ数 無制限 無制限
Nano Server
Host Guardian Service(HGS)機能
ストレージ関連の新機能
ネットワークスタックの新機能
シールドされた仮想マシン

Windows Serverの基本機能に加え、機能強化されたHyper-V、Docker互換のWindowsコンテナ、最小の構成でのWindows Server構成を可能にするNano Serverは、どちらのエディションでも利用数の制限に差異はありますが、可能です。

これ以外での、

  • ストレージ関連の新機能
  • ネットワークスタックの新機能
  • シールドされた仮想マシン

は、Standardには付属していませんが、Datacenterでは利用可能です。

この機能が、いわゆるSDIに関わる機能なります。

ストレージ関連の新機能は、高価なSANストレージの機能をソフトウェアで実現する、いわゆるSoftware Defined Storage(SDS)に対応する部分です。

ネットワークスタックの新機能については、スイッチ・ルーティング・ロードバランス・ファイアーウォール・エッジサービス・QoSなどの機能を実現する、Software Defined Network(SDN)の対応する部分です。

シールドされた仮想マシンとは、仮想マシンを信頼されたホストのみで実行する機能で、仮想マシンはBitLockerで仮想ディスクを暗号化し、別個に建てられたサーバのHost Guardian(HSD)サービスを開始、保護されたHyper-Vホストに対し、暗号を解除するキーを提供します。
これにより、更なるセキュリティの強化を行います。

Datacenterエディションについては、2012までは、データセンターおよびHyper-Vのパワーユーザー向けという感じですが、2016では、ネットワークからストレージを含めてのトータルなパフォーマンスが望め、プライベートクラウド向けのOSとして、大いに期待ができると思います。

Windows Server 2016については、当店にて、取扱可能です。

こちらより、お問合せください