VISAカードの情報を6秒で推測する手口が見つかる

アウトレット特別特価

ITmedia エンタープライズの記事によると、英ニューキャッスル大学の研究チームが、VISAカードの決済システムの脆弱性を攻撃し、同カード決済に必要なカード番号と有効期限、セキュリティコードの情報をわずか6秒で推測できてしまう攻撃方法を見付けたと発表したとの事。

これは、物騒ですね。

この攻撃の手口は、「Distributed Guessing Attack」(分散型推測攻撃)と名付けられたそうです。

驚くことに、カードを発行している銀行もしくはカードの種類を表す最初の6桁の数字のみで、カード番号、有効期限、セキュリティコードが推測できてしまうとの事。

更に、11月に英国テスコ銀行で4万もの顧客口座がハッキングされ、総額250万ポンド(約3億6000万円)が盗まれる事件が発生たそうですが、同研究チームは、この事件で使われたのが、この「Distributed Guessing Attack」であるとみているそうです。

この攻撃手法は、VISAカードのみに有効らしいです。

※当店では、カード決済に際し、「3Dセキュア」を導入しています。
カード決済は、便利なのですが、こういったリスクが発生するのは、非常に残念です。