クラウドを表す3つの名称、「SaaS」「PaaS」「IaaS」

アウトレット特別特価

クラウドといっても、その用途でいくつかの種類に分類されます。

用途によってはメリットも出てくるものの、考え方を誤ると、単なるコストセンターになる危険性があります。

性質を考慮した上で、相性を考える必要があります。

SaaSとは

SaaS(サース)とは、「Software as a Service」の略で、インターネット経由でアプリケーションをサービスとして提供・利用する形態の事を言います。

代表的な例としては、SalesforceやGoogle Appsなどが挙げられます。

従来は、ソフトウェアの配布携帯は、パッケージ販売が一般的でしたが、これをベンダーがクラウド上で稼働させ、利用者は必要な機能をインターネット経由で使用するという形態です。
最近では、会計アプリやバックアップアプリも、パッケージソフトとしてのみならず、SaaSでの提供を行っているところもあります。

PaaSとは

PaaS(パース)は「Platform as a Service」の略で、プラットフォーム一式(ハードウェアやOSなど)をサービスとして提供・利用する形態の事を言います。

代表的な例としては、Microsoft AzureやGoogle App Engineなどが挙げられます。

この形態は、SaaSをより進めた考えで、ソフトウェアを動作させるために必要なOSやミドルウェアなどのプラットフォーム部分も提供するもので、利用者はこのプラットホームの上に、サービスを開発し利用する形態です。

IaaSとは

IaaS(イァース)は「Infrastructure as a Service」の略で、システムの稼動に必要な仮想サーバをはじめとした機材やネットワークなどのインフラストラクチャーを、インターネット上のサービスとして提供する形態のことを言います。

代表的な製品としては、Google Compute Engine や Amazon Elastic Compute Cloud (EC2)が挙げられます。

IaaSは、ハードウェアリソースを、仮想マシンとして提供するもので、データ使用やネットーワークの従量課金などでの料金体系が一般的です。

メリットとデメリットを考える

クラウドサービスは、オンプレの環境を準備しなくても「サービス」として、基盤が利用できる事で、コスト面では、イニシャルコストが少ない事が大きなメリットといえます。

但し、これは裏を返せば、ベンダー側は当然、設備投資を行っていますので、利用の中身によっては、トータルでは割高となるケースが多いと言えます。

預けるデータの量によって課金される場合、ビジネスで取り扱うデータは、毎日増え続けるのが一般的ですから、この場合、最初は気づかなくても、半年後・1年度・2年度と、気が付けば支払うコストは増え続けます。
それらを累計した場合、コスト比較を行ってみて、メリットがあるのかを検証する必要があります。

また、預けたデータをダウンロードする必要がある場合など、アップロードよりもかなり高額なコストが発生する事が多いので、思ったよりも割高になるケースがあります。

クラウドが一般的になって来ている一方、クラウドからオンプレに回帰する動きも見られます。上記のようなコスト面での理由の外にも、見直しの理由があるようです。

直近のIDCジャパンの調査結果によると、外部データサービスを利用しない理由として、下記が挙げられていました。

  • セキュリティ上の不安
  • オンプレとのコスト比較
  • 自社インフラは自社管理をしたい
  • コンプライアンス上の不安
  • オンプレの方がパフォーマンスが良い
  • 柔軟性に欠ける

などです。

基幹のシステムをクラウドに預ける事には、まだ一般的にリスクが高いという結果と言えます。