セレブのSNSは「儲かる」?

アウトレット特別特価

日本でも、「ステマ広告」と随分前に騒がれていましたが、海外のSNSでは盛んな様で、商品紹介をSNSで扱う広告会社も存在するそうです。

ギズモード・ジャパンの記事によれば、

主に北米での事情ですけど、このほど広告業界とインフルエンサーの仲介を進めるエージェンシーのCaptiv8は、ステマを依頼するときの相場について、このようなデータを公表しています。

気になる相場は….

平均すると、300万~700万人のフォロワーを抱えているユーザーで、YouTubeの1ポストで18万7500ドル(約1930万円)、InstagramかSnapchatの1ポストで7万5000ドル(約770万円)、Twitterの1ツイートで3万ドル(約309万円)を受け取っている計算になる。

5万~50万人規模のフォロワーがいるインフルエンサーでも、YouTubeの1ポストで2,500ドル(約25万円)、InstagramかSnapchatの1投稿で1,000ドル(約10万円)、Twitterの1ツイートで400ドル(約4万円)を、平均的に稼いでいる。

との事。
前提が

  • 5万~50万人規模のフォロワー
  • 300万~700万人のフォロワー

と、桁が違いますね。

ちなみに、当店のTwitterのフォロワーは、何と「1,532人」で、増えるよりは減ってます。

まあ、話にならないですが…
うーむ。

ちなみに、同記事によれば、最近は、こういった広告としての商品紹介については、「#sponsored」や「#ad」などのハッシュタグを付けるケースもあるとの事。
日本でも、かつて「ステマ」として騒がれたように、この辺りのケアも重要ですね。

短納期対応パソコン

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする