スモールオフィスは、NASでパワーアップ!

アウトレット特別特価

データ管理、どうしていますか?

事業を拡大するにあたり、必ず直面するのが、データ管理です。

パーソナルレベルでは、PC内のHDD保存から、外付けHDDへと移行しますが、これらは、あくまでパーソナルなレベルでの利用には適していても、容量・アクセス管理・地理的制約・ファイル共有・バックアップ・保管などの点で、ビジネスの利用に対しては、制約が生まれます。

このような制約を廃し、安全に高い生産性を生むようなデータの管理の為には、ファイルサーバが必要です。

SMBにはNASがおすすめ

サーバを建てるには、ある程度の専門知識が必要ですが、NAS(Network Attached Storage/ネットワーク接続ストレージ)は、デバイスがストレージとしての利用に特化しており、OSからアプリまで既にインストールされているので、高度なIT知識が無くても利用が出来るように工夫されています。

NASの中身にはLinuxベースのOSが動いており、フロントには、各社オリジナルの取り扱いやすいGUIでのインターフェイスが用意されている事が多いです。
(Windows Storage Serverベースの製品もあります。)

つまり、専任管理者不要でも、安全な大量データの整理を可能にします。
さらに、ファイル共有が可能になる事で、複数人での作業やデータアクセスが可能となり、生産性の向上に役立ちます。

このようなメリットをNASは可能としますので、特にSMBにお勧めします。

クラウドサービスよりNASをお勧めする理由

「ファイル共有やデータアップロードは、クラウドのデータサービスを使えばいいのでは?」という方も多いと思いますが、データの量やアクセスに比例してコストが生まれるクラウドサービスは、部分利用にはともかく、全体的に利用をするには適していません。
単純に、年々コストが増大する計算になります。
さらに、大切なデータを預けっぱなしにすることで、万が一トラブルが起きた場合に取り返しがつかない事も想定されます。

始めはイニシャルコストの魅力で、クラウドサービスを利用していた方も、1年・2年の利用を経て、オンプレに回帰してくるのも、そのような理由によります。

NASは何を選べば良いのか?

国内で、いまだに圧倒的なシェアをとっているのは、国産のNASです。
これらは、大手量販店でも購入ができる手軽さと「日本製」という安心が、特にIT知識が少ない層には支持される理由と思われます。

多くの機種は、ファイルサーバでの利用にのみターゲッティングした機能が目立ちます。

当店では、さらにコストパフォーマンスに優れた「黒船NAS」もおすすめしています。「黒船NAS」というのは、従来の国産NASと比較するために呼んでいますが、主にUSや台湾メーカーから提供されている製品群です。
実際、ワールドワイドでのシェアについては、こちらの方が高く、国内のトレンドとしても、比率も広がっています。

黒船NASが可能にする優れた機能

台湾のメーカーは、その多くが、かつて日本やUSのメーカーのOEM供給元であったという事から、品質管理や製品設計の根本には、これらの実績と経験が生きています。

加えて、国産NASの限定された機能とは比較にならない、豊富な機能を提供しているので、専用サーバを建てる前の段階でのオフィスや、クラウド併用での業務に非常に適しています。

先ずは、ファイルサーバとしての基本機能として

  • 複数ファイルフォーマットへの対応
  • RAID対応
  • バックアップ機能
  • ユーザー権限管理

などの外に、

  • メールサーバ
  • ウェブサーバー
  • プリンターサーバ
  • メディアサーバー
  • リモートアクセス
  • 高度なファイルマネージャー
  • クラウドとファイル同期

等の豊富な機能を、基本機能や無料アプリ、オプションなどで提供しており、多くのハードウェアを用意しなくても、ビジネスの利便性を高め、生産性の向上に寄与します。

プライベートクラウドとして、ビジネスの領域を増やします

場所を選ばず、アクセス可能な、プライベートクラウドとしての利用が可能です。

例えば、外出先のPCやスマホ・タブレットからも、会社の資料を利用してプレゼンを行ったり、大容量のPDFやカンプなどの画像を取引先に提供する事ができるようになり、ビジネスの幅を広げます。

更に多くの場合は、各デバイス対応の、専用のアプリが提供されているので、導入も簡単です。

黒船NASは、拡張性にも優れています

ビジネスは、継続・拡大すればするほど、取り扱うデータの量も増えます。
「黒船NAS」は、拡張性に優れているのも共通する特徴です。
事業の拡大に伴って、追加デバイスにより、必要な容量に拡大することが可能です。

メンテナンス費用にもメリットがあります

お客様の元にお邪魔すると、まるで墓石の様に古いタイプの国産NASが事務所に放置されている光景を目にする事が、少なからずあります。
これらのデバイス一つ一つにドライブ名を設定しているわけですから、管理も手間ですし、更には万が一の故障の際には、高額な専用HDDが必要となるので、そのまま放置してしまうケースもあるようです。

当店がおすすめするNASは、メーカーで互換リストが出されているので、この内容の製品を自分で交換することができます。

つまり、トータルでのメンテナンス費用と時間を節約できます。

バックアップやディザスタリカバリーにも

さらに、一部の機種では、スナップショット機能やHAクラスター機能が利用できるものもあり、前者の場合では、複数回の過去の履歴に遡ってのリカバリーが可能となったり、後者の場合は、万が一の災害の際にも業務を止めない冗長化や、複数事業所でのデータ管理などが、低コストで可能になる事で、強力なディザスタリカバリー対策となります。

もっと「高機能NAS」の事を知りたい場合は

当店おすすめのNASは、下記の更に説明・紹介させていただいております。

NAS(ネットワークアタッチトストレージ)を導入してみましょう

また、商品は下記にご紹介させていただいております。

ストレージ製品

ご相談は、下記よりお願いいたします。

お問い合わせ