ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

商品カテゴリ

PGダイレクト激安の理由は?

このサイトについて
PGDブログかいてます

 

よくある質問

 

日本電子商取引事業振興財団加盟

当店はインターネットで安心してお買い物ができる社会のために「一般財団法人 日本電子商取引事業振興財団(J-FEC)」のオンラインマークを取得し、同財団の認証をうけています。

ISO9001認可
ISO27001認可

Windows Server 2003サービス終了、対策は当店へ

 

Windows Server 2003のサポートが2015年7月15日を以て終了しました

Windows Server 2003も、2015年7月15日を以てEOS(End of Support=サポート終了)となりました
継続使用される場合、今後はセキュリティなど大きなリスクを抱える事となります

 

Windows Server 2003は、多くの企業で採用されました

Windows Server 2003は、Windows 2000 Serverの後継として、2003年にリリースされました。
.NET Frameworkの標準搭載、2000 Serverから強化されたAcriveDirectryやセキュリティなどが評価され、当時のクライアントOS、Windows XPとセットでのシステムが普及しました。

 

Windows Server プロダクトサポートライフサイクル一覧

※詳細は下記をご覧下さい。
Windows Server サポートライフサイクル一覧

Windows Server 2003サポート終了に伴うリスク

 

サポート終了後、Windows Server 2003を使い続ける事は大変に危険です

Windows Server 2003の継続使用は危険

サーバOSは、企業の情報管理の中枢を担うものであり、サポートの切れたOSを継続使用することは、非常に危険です。

 

新規セキュリティー問題への対応

サポート終了になると、マイクロソフト社によるセキュリティパッチの新規作成が終わります。
そのため、新たな脆弱性が見つかった場合でも、その脆弱性を狙った攻撃を防ぐことが難しくなります。

 

脆弱性を利用した組織の内部者によるデータ不正持ち出しの危険性を生み出します。

 

標的型攻撃により侵入を許してしまうと、機密情報が外部の攻撃者に漏えいする危険性を生み出します。

 

マルウェアの感染により、システムのネットワーク負荷増大およびパフォーマンス低下、ひいてはシステムの停止を引き起こす危険性をはらみます。

 

サーバOSの入替えは事前の準備が必要です

サーバOSは各ユーザの設定やアプリケーションの問題など、マイグレーションにあたっては慎重に行う必要があります。

 

そのためサポート終了をXデーと捉え、スケジュールに従って計画的に進める必要性があります。

Windows Server 2003マイグレーションのスケジュール管理

 

Windows Server 2003リプレイスの前に

リプレイスが必要なのは理解できても、何から始めてよいのか?時間軸の進め方、予算など、様々解決すべきことが多くて手が付けられないという方は、まず下記を検討してみましょう。

使用中のシステムを確認する

まずは現在使用中のシステムの現状を確認します。
現状使用しているWindows Server 2003サーバの台数や、そこで稼働しているアプリケーションの種類やサービスを書き出してみましょう。

 

特に基幹アプリなど、新しいOSに移行することで、そのまま利用する事が可能かどうかは大事なポイントです。

 

市販ソフトの場合は、製品のバージョンアップなどで足りたり、比較的対応が楽でしょうが、オリジナルプログラムの場合、プログラムの修正や作りこみなど、それなりの納期や試験環境が必要となります。

 

プラットフォームの検討

現在使用中のシステムの概要が見えたら、次に移行先の環境を想定します。

 

具体的には、たとえば仮想化を用いるか否かによってマシンの性質も異なります。

 

Windows Server 2012R2ではHyper-Vが著しく強化され、それまで優位であったVMwareと肩を並べ、機能によっては超えるようになりました。

 

そのため、P2V作業を経て、2003マシンのOSごと新サーバに仮想化で取り入れるなどの作業も可能ですが、仮想化を用いるか否かによって、マシンパワーやメモリ・ストレージなども求められるスペックが異なってきます。

 

ただし、ハードの性能についても、2003導入当初に比べると著しく向上しました。そのため、導入当時は高価なハードでも数分の1でそれ以上のスペックが導入可能です。

 

当店へ問い合わせ

ある程度、要件が固まってきたら予算策定や具体的スケジュールを固めていきます。

 

内容が不明な場合でも、当店にお問い合わせいただければ、専門のテクニカルスタッフがお見積り対応いたします。

 

お問い合わせ

業務のストップや事故は想定外の損害やリスクを伴います。

 

お早目の対応をおすすめします。

 

Windows Server 2003からWindows Server 2012 R2導入のメリット

 

Windows Server 2003移行に必要な情報・ガイド

マイクロソフトより提供されている、2003移行に関する有益な情報やガイドを集めました。

2012R2を導入する事で、生産性を向上させて、システム強化につなげるため、ご覧ください。

Windows Server 2003移行ガイドブック Windows Server 2012仮想環境マイクロソフト仮想環境ライセンスガイド Windows Server 2012R2最新ファイルサーバ導入ガイド Windows Server 2012R2だけで実現できるビジネス継続性対策ガイド

 

マイクロソフトによる当社事例紹介

 

マイクロソフトのウェブにて紹介されている当社事例です。

 

マイクロソフトによる当社事例紹介

 

当店は貴社のWindows Server 2003マイグレーションを応援します

通常は、繁閑期であっても発注から1か月以上かかるサーバの納品を、当店なら在庫対応で、短納期でしかも特価でのサービスが可能です。

 

Windows Server 2003移行おすすめサーバ

 

Windows Server 2003移行に最適なサーバ

Microsoft正規OSバンドルでのキャンペーン特価セットとして、Windows Server 2012R2バンドルセット、Windows Server 2012R2 Essentialsバンドルセットをご用意しております。

 

いずれもキャンペーン特価での台数限定の提供です。

 

Windows Server 2012バンドルキャンペーン

Windows Server 2012R2バンドル特価サーバキャンペーン

 

Windows Server 2012Essentialsバンドルキャンペーン

こんなに便利なWindows Server 2012 Essentials、バンドル特価モデル!

更に、Windows Server 2012R Standardバンドルで、当店人気のモデルを限定特別価格で集めた「PGバリューモデル」もご用意いたしました。

 

PGバリューモデル

限定爆安WinSVR2012バンドルPGValueモデル

本番環境対応はもとより、テスト環境の構築にもコストメリットと短納期が魅力です。

 

また、業務に保守が必須の場合は、「あんしん保守パック」もご用意いたしました。

 

PGあんしん保守パック

保守付サーバPRIMERGY特価、安心パック

 

年間サーバ販売台数8,586台の信頼と安心の実績

2014年の弊社サーバ販売台数は8,586台を超えています。
これはIDC発表の日本国内年間サーバ販売総台数の約2%のシェアとなる見込みです。

 

多くのお客様に支持と信頼に裏打ちされた安心の実績です。

 

仮想化対応を含め、技術的なお見積り依頼やお問い合わせにも対応いたします。