最安でのWindows Server搭載サーバ、Windows Server 2012 R2 Foundationモデル

Windows Serverは、サーバOSのスタンダードですが、色々なライセンスの形態があり、わかりずらい部分もあります。

Windows ServerのOSのライセンスは、サーバーライセンスとCALという二つに分けられ、ユーザーが使用するためには、適切な製品を購入する必要があります。

また、エディションにより、使用できる機能も異なります。

特に、Windows Server 2012 R2では、以前のバージョンに比べ、特に仮想化Hyper-V回りやファイルシステムなどに大きな改良があったのですが、Windows Serverのユーザー全てが、そもそもHyper-V機能が必要とは限らないですね。

最低限、ミニマムの機能しか必要ないという方には、通常のStandardエディションの計量版であるEssentialsエディションやFoundationエディションも選択肢の中に加えた方が良いでしょう。

各エディションの機能の比較は下記になります。

Datacenter Standard Essentials Foundation
最適な環境 大規模仮想化環境や、データセンターやプライベートクラウド向け 仮想化のない環境もしくは小規模な仮想化環境向け 25ユーザーまでの小規模環境向け 15ユーザーまでのスモールビジネス向け
ライセンスモデル プロセッサー + CAL プロセッサー + CAL サーバーライセンス、CAL不要 サーバーライセンス、CAL不要
サポート物理 2物理プロセッサー 2物理プロセッサー 2物理プロセッサー 1サーバー、
プロセッサー (コア数無制限) (コア数無制限) (コア数無制限) 1Pサーバー限定(コア数無制限)
仮想化権限 あり あり なし なし
仮想マシン数 無制限 最大2VM 別の物理OS上の1仮想OSとしてのみ
製品機能 すべて すべて 制限あり 制限あり

Hyper-Vもいらないし、使用するのは15人までという方には、Foundationという選択肢があります。

2012foudation

但し、このエディションは、市販されておらず、メーカー出荷時にハードウェアと同時購入で、かつそのハードウェアでのみ使用が認められるというOSです。

ですので、一般では入手できないのですが、当店では、メーカー代理店であるため、特別にこのライセンス(「ROK」リセラーオプションキット)モデルが提供可能です。


WinSVR2012R2 Foundationモデル

おすすめ商品

WindwosServer2016Esseバンドル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加