今年も新人が田植え研修に行きました

弊社では、毎年恒例となっていますが、新人の研修の一環として、「田植え」を行っています。

昔は、住居の近くにも田んぼがあって、農家でなくても、米作りに近い距離に生活の基盤がありましたが、今では、めっきり少なくなって、特に都市部では、まったく田んぼと接する機会のないまま、毎日お米を消費して成長しているという現状があります。

サービスを受けるだけでなく、その根源を体験するという意味をお米に込めて、日々の生活の糧に感謝の気持ちを持つことに加え、実際に農作業を体験すること。
そして、一見、ITと対極に見える農業が、実はIoTを含めて今非常に密接な関係になりつつあることも踏まえ、その将来についても考える一助になればとの願いがこもっています。

場所は、日本のお米の最高峰、新潟県魚沼エリア。
弊社スタッフの実家にお邪魔してご協力いただいております。

受入れに際しては、タダでさえ忙しい時期ですが、お骨折りいただいて、毎年新人を受け入れていただいております。
この場を借りて、お礼申し上げます。

雄姿はこちらに
IMG_0115
トラクターの運転してますね。

作業を終えて、みんな一皮むけたでしょうか?
IMG_0135

ごはんの味も、きっと変わったと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする