iPhoneの1970年問題、解決法?現る

1970ios
先日のエントリーで、5S以上のiPhoneで、日付設定を1970年1月1日にして再起動をすると、使えなくなるという問題を掲載しましたが、その追加情報です。

ギズモード・ジャパンの記事によると、その原因は、

1970年1月1日は、UNIX時間の始まりなのだそうです。UNIX系のOSはこの日からの時間を秒数で数えており、そこから日付と時間を計算します。どうもiOSは、システム時間がゼロに近いと起動時に妙な行動を起こすようで、それがブートループの原因であると考えられています。

解決策としては、

DFUモードから復元しても日付は残ってしまうため、結局ループを抜けられません。そこで電池を完全に消費させて日付をリセットすればいい、ということになります。

つまり、バッテリーを完全に消費させるか、バッテリーを抜くことによって解決する可能性があるという事です。

どちらも、おすすめは出来ませんので、いたずらは止めた方が良いです。

Appleも、この現象を認め、近日中にリリースされるソフトウェアアップデートで対応予定とコメントしています。

おすすめ商品

DELL PowerEdge R230取扱開始、当店なら即納特価
【WinSVR2012R2FDN】HPE Proliant Microserver Gen8(G1610T/4GB/500GBx2/DVDRW)限定激安特価
【送料無料】HP EliteBook 840 G2 N0Y03UC#ABJ(i5/8G/SSD-256/14/W7P)特価
プリンストン PTFBKF-22W(ブラック)白色LEDバックライト21.5型ワイドカラー液晶ディスプレイ、価格コム最安より更に会員クーポン割引
Windows Server 2012R2バンドル特価サーバキャンペーン
レノボ/IBMサーバ激安特価
  • このエントリーをはてなブックマークに追加