「エラー53」問題で集団訴訟!

iphone-151573_640
以前のエントリーで、サードパーティ製のTouch IDを修理した場合、「iOS 9」のアップデートで「エラー53」が表示されて使用不能となるケースが報告されている事を記載しましたが、流石というか、訴訟大国、アメリカでは、この件に関して集団訴訟が起こされたそうです。

CNET Japanの記事によると、

「Touch ID」を非正規業者に修理してもらったことのある「iPhone」が、Appleのソフトウェアアップデートによって使用不能になることに不満を抱くユーザーを代表して、米国の法律事務所PCVAが集団訴訟を起こした。

今回の訴訟では、サードパーティーによって修理されたiPhoneを無効にする措置をやめて、それらの機能を復旧するソフトウェアアップデートを提供することをAppleに指示する命令の発行を求めている。

また、不満を訴えているユーザーの端末で保証対象のものに対し、Appleが修理費用を負担することも求めている。訴状によると、Appleは、消費者が非正規の修理業者を利用したことによって引き起こされた問題であるとして、保証対象の端末の修理を拒否しているという。

行方は気になりますが、「エラー53」で使用不能となった端末は、情報を取り出すこともできないらしく、関連したユーザーは動向が気になるところと思います。

おすすめ商品

DELL PowerEdge R230取扱開始、当店なら即納特価
【WinSVR2012R2FDN】HPE Proliant Microserver Gen8(G1610T/4GB/500GBx2/DVDRW)限定激安特価
【送料無料】HP EliteBook 840 G2 N0Y03UC#ABJ(i5/8G/SSD-256/14/W7P)特価
プリンストン PTFBKF-22W(ブラック)白色LEDバックライト21.5型ワイドカラー液晶ディスプレイ、価格コム最安より更に会員クーポン割引
Windows Server 2012R2バンドル特価サーバキャンペーン
レノボ/IBMサーバ激安特価
  • このエントリーをはてなブックマークに追加