最新データより!あなたはクラウド派?それともオンプレ派?

アウトレット特別特価

面白い調査データがありました。

世界的な市場調査会社のGFKが最近「国別でクラウドが重要だと思われているかどうか」についての調査を行いました。

それによると、南米では重要であると答えた割合が高いのに対して、ドイツやカナダ・オーストラリアではそうとは思われていないという結果。

ちなみに最も重要性が低いと回答しているのは、日本で10%でしたが、残念なことに調査結果では小さく扱われていますね。

高いところではメキシコの49%、ブラジルの44%、トルコの43%、中国の40%などが挙げられます。

逆に低いところでは、日本の10%、ドイツの12%、カナダの16%、オーストラリアの16%が挙げられます。

一律の比較は難しいところもありますが、ITリソース環境の整備習熟度や地理的な条件が影響している様にも感じられます。

ちなみにアメリカでは25%となっています。

クラウドの波は大きいですが、やはり先進国でIT基盤の整っている国では、クラウド派よりもオンプレ派の方が多いという面白い結果です。

何となく納得いきますね。

短納期対応パソコン

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする