本日、Windows Server 2003サポートが終了

本日7月15日、Windows Server 2003のサポートが終了となりました。

マイクロソフトの案内ページを見てみると、下記の内容が記載されておりました。

Windows Server 2003 のサポートは終了させていただきました。
長い間ご愛顧いただきありがとうございました。

移行を完了されていないユーザーの皆様は今すぐ!
サポート終了に伴い、セキュリティ更新プログラムや有償サポートなど、すべてのサポート サービスを終了させていただきました。
マルウェア、標的型攻撃、情報漏えいなどのリスクに、今すぐ対策をご検討ください。

また、本日Windows Server 2003に対しての最終のWindows Updateが配布されています。

先のエントリーに詳細を記載しております。
7月のWindows Update

情報をチェックしてみて、気になったのが、下記の表。(クリックして拡大)

表はマイクロソフトより

ゼロレベル(既に攻撃を確認済)での脆弱性が3件報告されている事に加え、そのうちの2件は脆弱性が公開されている事。

サポート期間内であれば、アップデートをすれば、対策がとれるわけですが、サポート終了となると、この部分、丸裸となります。

ましてや、公開されている脆弱性があれば、未対策のサーバは格好のターゲットとなってしまいますよね。

次回のセキュリティ情報のリリース予定は2015年8月12日(水)との事ですので、最悪でもこれまでには、乗り換えを完了された方が良いです。

まだ2003を継続使用している方は、早急にアップデートをおすすめいたします。

おすすめ商品

DELL PowerEdge R230取扱開始、当店なら即納特価
【10台限定】HP EliteBook 820 G3 Notebook PC X3G31PC#ABJ(i5-6300U/8GB/500GB/12.5HD/Win10Pro)
Windows Server 2012R2バンドル特価サーバキャンペーン
HP激安特価
  • このエントリーをはてなブックマークに追加