Windows Server 2012(R2) 各エディションの機能比較

サーバOSのスタンダードであるWindows Serverですが、エディションが複数あり、「どれをどのように購入して良いのか判らない」という方も多いと思います。

各エディション毎での違いのポイントですが、仮想化(Hyper-V)の可不可およびインスタンス、CALの有無、ユーザー数の制限、各機能の制限がポイントとなります。

仮想化(Hyper-V)

Windows Server 2012では、仮想化(Hyper-V)の大幅な強化が行われました。
1台の物理サーバに、各サーバを仮想化して集約し、より高密度で柔軟なシステム構築が可能となりました。

Datacenterエディションは、無制限の仮想OSEをサポート、Standardエディションでは、2つの仮想OSEをサポートしています。

高度に仮想化されたプライベート クラウド環境に対しては、Datacenterエディションが最適、仮想化されていない環境または軽度に仮想化された環境向けにはStandardエディションが適しています。

これ以外の、EssentialsまたはFoundationは仮想化をサポートしていません。

エディション 機能の比較 ライセンスモデル 参考価格(NL)
Datacenter 無制限の仮想OSE、すべての機能 プロセッサ + CAL
Standard 2つの仮想OSE、すべての機能 プロセッサ + CAL 170,000円
Essentials 2基のプロセッサ、1つのOSE、機能制限あり サーバー、25ユーザー 96,200円
Foundation 1基のプロセッサ、機能制限あり サーバー、15 ユーザー OEMのみ

クライアントアクセスライセンス(CAL)

Windows Serverには「クライアントアクセスライセンス(CAL)」という考えでライセンスを構成しています。

これは、使用規模の大小に伴って、ライセンス費用を請求するという考えで、中小規模のユーザーであっても、イニシャル費用を抑えてWindows Serverのシステムを利用するためのシステムと言えますが、反面、特に初めてのユーザーには、内容がわかりずらく、ライセンス違反の原因ともなり得ます。

Datacenter、Standardエディションは、接続ユーザー数またはクライアント数分のCALが必要です。

Essentials、Foundationは、CAL不要ですが、それぞれ、25ユーザーまたは50デバイス、15ユーザーという制限があります。

CALについては、「クライアント アクセス ライセンス(CAL)について」も、ご覧ください。

機能

各エディションごとの機能比較は下記になります。
Datacenter、Standardエディションは、全ての機能がご利用いただけます。
Essentials、およびFoundation、それぞれ機能に制限があります。

エディション Datacenter Standard Essentials Foundation
AD 証明書サービス ■1 ○1
AD ドメイン サービス ■2 ●3
AD フェデレーション サービス
ライトウェイト ディレクトリ サービス
AD RMS 4
アプリケーション サーバー
DHCP サーバー
DNS サーバー
FAX サーバー
ファイル サービス ■5 ○5
Hyper-V
ネットワーク ポリシーおよびアクセス サービス
印刷とドキュメント サービス
リモート アクセス ■6 ○6
リモート デスクトップ サービス7 ■8 ○9
UDDI サービス
Web サーバー (IIS)
Windows 展開サービス
Windows Server Essentials Experience
Windows Server Update Services (WSUS)

● 完全、○ 一部/制限、■ 自動インストール/構成、― 使用不可

※注意

  1. 証明機関の作成に制限されます。その他の Active Directory 証明書サービス機能 (ネットワーク デバイス登録サービス、オンライン レスポンダー サービス) はありません。
  2. ADDS フォレストおよびドメインのルートであり、すべての FSMO 役割を持つ必要があります。
  3. ADDS 役割をインストールする場合、フォレストおよびドメインのルートであり、すべての FSMO 役割を持つ必要があります。
  4. アクセスには追加の AD RMS CAL が必要です。
  5. データ重複除去機能は使用できません。
  6. 50 の RRAS 接続および 10 の IAS 接続に制限されます。DirectAccess および VPN がサポートされます。
  7. Essentials エディションのリモート Web アクセス機能を使用する場合を除き、追加の RDS CAL が必要です。
  8. RD ゲートウェイ役割サービスのみがインストールおよび構成されます。RD セッション ホストを始めとするその他の RDS 役割サービスはサポートされません。
  9. 50 のリモート デスクトップ サービス接続に制限されます。

更に詳しくお知りになりたい方は、Microfsoftの情報ページをご確認ください。
Windows Server 2012 R2 ライセンス データシート

用途とコストに合わせたエディション選定を

上記の様に、Windows Serverでは、各エディションごとの機能およびコストが異なりますので、ご使用の用途に合わせた選択が必要となります。

大規模な仮想化を伴う場合以外では、一般的にはStandardエディションをおすすめしています。

SMBなどで、接続ユーザーが25に満たない場合で、ファイルサーバなどの用途がメインの場合には、Essentialsエディションをおすすめしています。

当店では、正規版Windows Server 2012 R2をメーカー製のサーバ機とセットにして、どこよりもお得にキャンペーン特価で展開していおります。

また、常時在庫での販売で、即納または短納期、特価での提供が可能です。

おすすめ商品

DELL PowerEdge R230取扱開始、当店なら即納特価
【10台限定】HP EliteBook 820 G3 Notebook PC X3G31PC#ABJ(i5-6300U/8GB/500GB/12.5HD/Win10Pro)
Windows Server 2012R2バンドル特価サーバキャンペーン
HP激安特価
  • このエントリーをはてなブックマークに追加