国内のサーバー設置台数(2013年末)は250万台、IDC発表

アウトレット特別特価

IDC Japan 株式会社は、9/3付で「国内データセンターにおけるサーバー設置台数を発表」しました。
IDCジャパンより

それによると、

  • 2013年末時点における国内のサーバー設置台数(インストールベース)は250万2,200台
  • 事業者データセンターが39.8%にあたる99万6,800台
  • 企業内DCが35.7%の89万2,300台
  • DC外の設置台数が24.5%の61万3,100台

との試算だそうです。

各区分については下記となります。

事業者データセンター
ホスティング事業者、コンテンツ配信事業者、ネットワークサービス事業者など

企業内DC
企業がプライベートに所有し、当該企業のIT部門がサーバーやストレージ、ネットワーク機器などの調達権限を持ってコントロールしているもの

DC外
マシンルームなどの独立した部屋ではなく、たとえば、オフィススペースや店舗のバックヤードなどの設置場所

国内の総設置台数は2012年末時点の249万7,000台から0.2%に当たる5,200台増加しています。

背景としては、サーバ集約やクラウド移行などによって設置台数の減少が想定されるものの、クラウドサービスなどを提供する事業者での設置台数の増加が総設置台数の増加につながったとの見方です。

短納期対応パソコン

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする