8/13Windows Updateでの問題まとめ

wupdate

8/13リリースのWindows Updateにおいて、一部マシンでエラーが発生したという問題について、前エントリーでも対策を記載しましたが、この件についてMicrosoftより「まとめ」が出ています。

【リリース後に確認された問題】2014 年 8 月 13 日公開の更新プログラムの適用により問題が発生する場合がある [対応方法まとめ]

内容を要約すると、
原因となったのは、セキュリティ情報 MS14-045 「カーネルモード ドライバーの脆弱性により、特権が昇格される」の対策として出された下記の更新プログラムであり、

  • KB2982791 [MS14-045] カーネル モード ドライバーのセキュリティ更新プログラムについて (2014 年 8 月 12 日)
  • KB2970228 Update to support the new currency symbol for the Russian ruble in Windows
  • KB2975719 August 2014 update rollup for Windows RT 8.1, Windows 8.1, and Windows Server 2012 R2
  • KB2975331 August 2014 update rollup for Windows RT, Windows 8, and Windows Server 2012

症状としては、

  • ブルースクリーン (パソコンの画面が、真っ青になる) が発生し、パソコンの操作ができなくなる
  • パソコンが起動できない
  • パソコンが再起動を繰り返す

が報告されています。

対策としては、上記の症状が発生している場合は、「スタートアップ修復」を行い、また問題が発生していない場合でも、先の更新プログラムを削除する事が推奨されています。

詳細な手順は、先のリンク先のMicrosoftのページをご確認ください。

8/13Windows Updateでの問題と対処法

おすすめ商品

WindwosServer2016Esseバンドル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加