「リモート デスクトップ」を利用するにはRDS CAL(Remote Desktop Service CAL)が必要です

cal-RDS2

Windows Server のCALには、これまでの「ユーザーCAL」「デバイスCAL」以外にも、特定のサービス利用に必要な「特定用途別CAL」というライセンスが存在します。

RDS CAL(Remote Desktop Service CAL)

cal-RDS
RDS CAL(Remote Desktop Service CAL)は、「特定用途別 CAL」の一つで、IT サポートやヘルプデスク業務などで、遠隔地からインターネット経由で通信先のPCをリモート操作する「リモート デスクトップ」機能を利用する、ユーザーまたはデバイスに適用するCALです。

RDS CALにはサーバー上で仮想化されたアプリケーションを実行する「App-V」によるサービスをリモート デスクトップで使用する場合のライセンスも包括されています。

なお、RDS の利用にあたってはライセンス キーをサーバー側に登録する必要があります。

※下記は終息しました。
Microsoft Windows Rmt Dsktp Services Device CAL 2012 OBライセンス 6VC-02127

Microsoft Windows Rmt Dsktp Services User CAL 2012 OBライセンス 6VC-02129

RMS CAL(Rights Management Service CAL)

同じく「特定用途別CAL」には、RMS CAL(Rights Management Service CAL)があります。

RMS CALは、電子メールや Office ドキュメントの情報漏えいを防ぐための権利保護サービス「RMS (Rights Management Service) を利用する際に必要になります。


クライアント アクセス ライセンス(CAL)について

おすすめ商品

DELL PowerEdge R230取扱開始、当店なら即納特価
【10台限定】HP EliteBook 820 G3 Notebook PC X3G31PC#ABJ(i5-6300U/8GB/500GB/12.5HD/Win10Pro)
Windows Server 2012R2バンドル特価サーバキャンペーン
HP激安特価
  • このエントリーをはてなブックマークに追加