Twitterアカウントを不正利用されないように

LineやFacebookなど、SNSは生活に密着しています。
その中でも、Twitterは別格の普及度で、情報収集のツールとしても活用されています。
さらには、スマホの普及により、リアルタイムで発信したり、コミュニケーションを取ったりと、活用の度合いが増えている中ですが、知らないうちにアカウントを乗っとられたり、変なツイートをしたりという現象ありませんか?

関連する事項として、下記のようなものがあるようです。
乗っ取りが相次ぐツイッターアカウントの注意と対策 – NAVER まとめ

その原因が、怪しいアプリの連携にあるようなので、アカウントを確認して、不要なアプリを削除してみてはいかがでしょうか?

連携アプリは、外部アプリからTwitterアカウントの情報を参照して、タイムラインを参照したりツイートしたりできるようにするための機能であり、Twitterを色々なサービスに繋げて便利ですが、最近の悪意ある使われ方としては、芸能ネタなど気になる話題で釣っておいて、「詳しくはこちら」などど連携アプリ認証のページに誘導するという手口が目立つようです。

ここで、つい気軽に「連携アプリを認証」とクリックしてしまいがちですが、内容によっては、種々の悪さを行う事もあるようです。

Twitterのアプリ連携状況を確認するには

●PCの場合
TwitterのWebページを開いてログインし、Twitterの設定を変更

tw1①から設定を選択

tw2②でアプリ連携を選択

tw3連携しているアプリの内容を確認し、不要なものは③で「許可を取り消す」

これだけです。

●スマホの場合
iPhone/iPad(iOS)の場合には、

ホーム画面から
「設定」を開き、「Twitter」をタップします。
下の方に、「アカウントの使用を許可するAPP」の表記がありますので、こちらを確認して、チェックをします。
不要なアプリがあれば、削除した方が良いと思います。

簡単ですが、見逃しがちなので、一度確認してみてはいかがでしょうか?

おすすめ商品

WindwosServer2016Esseバンドル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加