Xデイは2015年7月15日!Windows Server 2003サポート終了

2003stop図はマイクロソフトサイトより

7/8にマイクロソフトが「Windows Server 2003/Windows Server 2003 R2」に関する記者説明会を開催して、2003乗換え促進に向けて本格的な広報活動が開始されました。

当店でも以前より呼びかけていますが、2015年7月15日にWindows Server 2003/Windows Server 2003 R2のEOS(End of Support)となります。

この件についてIPA(独立行政法人情報処理推進機構)も、EOSのOSを使用する危険性についてプレスリリースを出しています。

骨子としては、

サポート終了後も「Windows Server 2003」を使い続けると、マルウェアへの感染や攻撃者の侵入を受ける可能性が高くなる(2012年7月から2014年6月の2年間に「Windows Server 2003」が影響を受ける脆弱性が231件公表され、その内170件は深刻度の高いレベルⅢ)
表はIPAより

また、EOSのOSの使用を続けた場合の危険性として、以下が挙げられています。

  • マルウェアの感染により、システムのネットワーク負荷増大およびパフォーマンス低下、ひいてはシステムの停止を引き起こす可能性
  • 組織の内部者によるデータ不正持ち出しも可能に
  • 標的型攻撃により侵入を許してしまうと、機密情報が外部の攻撃者に漏えい

など、業務を継続するにあたり、非常にクリティカルなリスクを負う事となります。

サーバOSの切り替えについては、費用の面でも、またその作業の面でも多くの負担が予測されます。

当店では、まず、Windows Server 2012 Standardエディションをセットにした、エントリータイプからミドルレンジタイプのサーバを即納・格安で提供することで、お客様のニーズに応えます。

特にエントリータイプでは特に人気の高い構成を「PGバリューモデル」として、更に激安で台数限定の準備をしました。

限定爆安WinSVR2012バンドルPGValueモデル

早急に、手元でテスト環境を構築し、スケジュールを定め、リスクを軽減しながら、このプロジェクトを成功できるように、サポートをしていきます。

マイグレーション関連にての構築関連も、技術チームが対応いたしますので、ご相談ください。

PGバリューモデル

おすすめ商品

WindwosServer2016Esseバンドル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加