仮想化・P2V構築、1台25万円

最近では、言葉としてすっかり定着した「仮想化」ですが、大企業だけでなく、SMBでも積極的に運用に乗り出すケースが増えています。

仮想化は、より強力になったサーバのハードとしてのリソースを生かすことにより、旧来のOSやアプリケーション・データなどのソフト資産を有効に活用し、なおかつ設置台数を減らすことにより、電気代や設置場所などの負担を減らし、管理もしやすくなるなどのメリットも多く挙げられています。

とくに、Win SVR 2000や2003を現在も期間システムとしてご使用になっている事業所様も多いですが、こういった場合は、スクラッチで構築したり、カスタマイズされたアプリを使用されている事が多く、費用的な面での、リプレイス障壁となっていたりします。

これを解決するソリューションとして、仮想化に注目が上がりますが、一から構築することは難しく、また、工数もかかるため、おすすめできません。

仮想化および既存のシステムを仮想サーバに変換して実装するP2V構築作業を受託している業者様も多いですが、費用の面で、導入に難しいというお話もうかがいました。

当店は、大規模の会社様の案件や、そのような業者様の構築案件の受託など多くの経験がございます。

ハードも特価にて、構築も特価にて、セットでの対応が可能です。

とくにP2Vは、1台25万円にて承ります。

仮想化ご検討のお客様は、お気軽にお問合せください。

P2V構築作業承ります、1台25万円

おすすめ商品

WindwosServer2016Esseバンドル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加