Windows Server 2012 Essentialsの紹介|特価キャンペーン実施中

Windows Server 2012 Essentialsとは

Windows Server 2012 Essentialsは、Windows Small Business Server Essentials の最新バージョンです。

Windows Server 2012とコア部分は共通のため、多くの機能で強化が見られます。

Windows Server 2012 Standardとの大きな違いは、仮想化Hyper-Vに絡む機能が使用できない点など挙げられますが、コスト面や取扱いやすさなどをふまえて、小規模企業に適したサーバーOSと言えます。

大きな利点として、25ユーザーまたは50デバイスまで、CALが不要で主要機能がご利用いただけます。

小規模企業のお客様が、社内でアプリケーションを実行するために最適化されており、更にWindows AzureやOffice 365などのクラウドサービスとの連携にも対応しています。

容易なセットアップ、インストール

対話形式のウィザードにより、容易にインストールが可能です。

簡素化された管理エクスペリエンス

Windows Server 2012 Essentialsの制御は、ダッシュボードを通じて行います。ダッシュボードからは、ネットワーク上でのWindows Server 2012 Essentialsの動作、アクセス可能なユーザー、格納および取得可能な情報、それらの情報の整理・保護・リモートでの利用などなど、動作を制御するために必要なすべての管理タスクおよび保守タスクを実行する事ができます。
さらに適切なアクセス件を持ったユーザーは、ダッシュボードへもリモートでアクセスできます。

ネットワーク全体の優れたセキュリティ

強化されたデータ保護

Windows Server 2012に搭載された複数の新機能により、データ保護機能が大幅に強化されています。
新たな記憶域スペース機能によって、異種ハードドライブの物理記憶容量の集約、ハードドライブの動的な追加、復元性のレベルを指定したボリュームの作成が可能です。
Windows Server 2012 Essentialsでは、サーバ自体と、ネットワークに接続されたPCを対象とした、システムの完全バックアップとペアメタル復元を実行できます。

場所を選ばないアクセス

ワークスタイルの変化に伴い、リモートでのアクセスが強化されました。
リモートWEBアクセス機能により、インターネット接続がある場所なら、どこからでも、あらゆるデバイスを利用して、アプリケーションとデータにアクセスできます。
また、ファイルはオフラインアクセス様に自動的にキャッシュされ、サーバーへの接続が利用可能となった時に自動的に同期されます。
Windows Server 2012 Essentialsでは、仮想プライベートネットワーク(VPN)接続を活用する事で、在宅のままリモートから、コンピューターをオフィスのWindows Server 2012 Essentialsのネットワーク環境に参加させることができます。

正常性の管理

Windows Server 2012 Essentialsは、自己の正常性の状態とWindows 7、Windows 8、およびMac OS X バージョン10.5以上を実行するコンピュータの状態を監視します。正常性の状態を通じて、コンピューターのバックアップ、サーバーの記憶域、空きディスク容量不足などに関連する問題が通知されます

ワークロードの柔軟性

Windows Server 2012 Essentialsは、社内で実行するアプリケーションやサービスと、クラウド上で実行するアプリケーションやサービスを柔軟に選択できるように設計されています。
Windows Server 2012 Essentialsでは、Exchange Serverを社内で実行する事を選択した場合も、ホスト型Exchange Serverを社内で実行する事を選択した場合も、またはOffice365サブスクリプションを利用する事を選択した場合も、同じ統合管理が得られます。

拡張性

Windows Server 2012 Essentialsは、Windows Small Buisiness Server 2011 Essentialsの拡張性モデルに基づいて構築されているため、他のソフトウェアベンダーがコア製品に機能を追加したり、新しいWEBサービスAPIセットを追加したりすることができます。
また、Windows Server 2012 Essentialsは、Windows Small Buisiness Server 2011 Essentials用に作成された既存のソフトウェア開発キット(SDK)およびアドインとの互換性を維持しています。

更に詳しい資料やインストール・設定方法はこちらからご覧いただけます。


今なら、Windows Server 2012 EssentialsをオトクにGET

只今(2013年5月現在)、当店にてWindows Server 2012 Essentialsバンドルセールを行っております。

Microsoft公式でのOpenNL価格は96,200円ですが、当店ではDSP版バンドルにて、協賛特価にて限定台数販売しております。

詳しくは下記リンクよりご覧ください。

Windows Server 2012 Essentialsバンドルキャンペーン

おすすめ商品

DELL PowerEdge R230取扱開始、当店なら即納特価
【10台限定】HP EliteBook 820 G3 Notebook PC X3G31PC#ABJ(i5-6300U/8GB/500GB/12.5HD/Win10Pro)
Windows Server 2012R2バンドル特価サーバキャンペーン
HP激安特価
  • このエントリーをはてなブックマークに追加