クラウド or オンプレミス?

クラウドの定義

昨今のトレンドキーワードである「クラウド」。
クラウドとは、ネットワークを通じてITリソースを使用するサービスを指します。
つまり、自前のサーバを建てなくとも、ネットを通じて今までサーバが提供していたサービスを利用できるというものです。
一言でクラウドと言っても、形態は様々ですが、大きく分けると「パブリッククラウド」「プライベートクラウド」の二つに大別され、更に提供するサービスの    SaaS(アプリケーションを提供)、PaaS(アプリケーションの稼動基盤を提供)、IaaS・HaaS(IT インフラを提供)、DaaS(データベース関連のサービスの提供)などに分別されます。
昨今、自社サーバの機能ををクラウドに移行する大企業などが話題となっています。

ここでクラウドのメリット・デメリットを考察してみましょう。

クラウドのメリット

  • 自前で実現した場合に比べて低コスト・低難易度で利用できる。
  • 新たなシステムを構築するまでの時間を削減できる。
  • システムの運用・管理の煩わしさから解放される。
  • ビジネス立ち上げのスピード

特に、新規でウェブサービスの事業を始めようといった場合、必要な分のリソースを月極めまたは年契約で購入すれば、業務が開始できるため、ハードの調達やセッティングから解放されます。
システムの運用管理を外部に委託することで、業務から解放されますが、これは下記の様に諸刃の剣ともいえます。
ビジネス規模の拡大や繁閑の状態により、契約を見直すことで、リソースの無駄から解放されます。

クラウドのデメリット

  • データを外に置くことになり、情報損失・漏洩のおそれがある。
  • サービスの可用性が確保できない
  • サービス、システムに対しての自らの統制を持てなくなってしまう。
  • 潤沢なネットワーク帯域が必要
  • アプリケーション・パフォーマンスに難がある場合
  • 取り扱うデータに制約がある場合

システム運用を外部に委託することにより、万が一トラブルが発生した場合には、対応を委託することとなり、解決までに時間がかかったり、情報がわからなかったりという危険性があります。
また、サービスの内容を拡張しようとする場合でも、クラウド側のシステムで制約があるために、独自のカスタマイズが困難な場合も想定されます。
ネットに繋いでサービスを得るため、ネットワーク帯域のインフラが必要になります。これらを原因として、実際に伺ったトラブルの事例を下記に記載します。

相談されたトラブルの実例

  • 突然サービスが停止。原因がわからず、対応ができないまま、業務に支障を来す。
  • ネットワークトラブルで業務に支障を来す。

お客様の選択

事業内容・用途・規模によって異なりますが、クラウドサービスの利用は内容によって選別を行い、基幹システムは、あえて自前(オンプレミス)で運用するというお客様のお話を伺う機会が多いのも実情です。

費用対効果の対比

一般的にクラウドサービスは、オンプレミスに対して低コストでの運用が可能とされますが、ASPなどの場合には、月々のコストも累計すると高額となる場合も多く、導入に当たって、カスタマイズが必要な場合には、更に想定以上のコストがかかります。

使用するサービスの内容を吟味する必要があると言えます。

リスクへの対応

デメリット記載のリスクへの対応として、オンプレミスを選択される場合もあります。

敢えてオンプレミスの選択

クラウドは有効なサービス形態ですが、利用の目的やサービスの内容などを吟味して、検討する必要もあります。
特に、企業規模が100名以内の企業で、基幹システムが既に構築されている場合や、フリーまたはオリジナルのプログラムで構成されている場合、また既存のインストール型アプリケーションで運用している場合などは、オンプレミスに歩がある可能性もあります。

サーバのリプレイスなどでのご相談は、ぜひ当店までご連絡ください

おすすめ商品

WindwosServer2016Esseバンドル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加