Linuxカーネル3.7がリリースされました

linux

12月10日、Linux Torvalds氏がLinuxカーネル3.7をリリースしました。

今回の目玉は、ARMアーキテクチャサポートの強化だそうです。
64ビット版ARMのサポートや、ハードウェアが異なるARMシステムでも同一のカーネルでブートが可能になりました。

SMB 2.0のサポートやファイルシステムBtrfsなども引き続き強化されています。

更にセキュリティの強化を目的として、署名付きカーネルモジュールもオプションでサポートされたそうです。

「TCP Fast Open」がサーバー側でもサポートされました。Linuxカーネル3.6においてクライアント側でのサポートが行われたTCPコネクションの確立を高速化する技術で、

なるなど、ARM関連機能の強化などが大きな特徴となる。そのほか、SMB 2.0のサポートやファイルシステムBtrfsなども引き続き強化されている。
正しいキーで署名されたカーネルモジュール以外はroot権限があってもロードできなくなる機能で、rootkitなどのインストールを防ぐためなどに利用が可能です。

ネットワーク関連では、Linuxカーネル3.6においてクライアント側でのサポートが行われたTCPコネクションの確立を高速化する技術で、Webページの読み込み時間が大幅に短縮できるとの事です。

なお、現在の安定板は3.6.10です。

ダウンロード・詳細は、下記公式ページより

The Linux Kernel Archives

WindowsServer2012発売記念キャンペーン
WindowsServer2008R2バンドルキャンペーン

おすすめ商品

DELL PowerEdge R230取扱開始、当店なら即納特価
【10台限定】HP EliteBook 820 G3 Notebook PC X3G31PC#ABJ(i5-6300U/8GB/500GB/12.5HD/Win10Pro)
Windows Server 2012R2バンドル特価サーバキャンペーン
HP激安特価
  • このエントリーをはてなブックマークに追加