優れたストレージ技術 WindowsServer2012概要

Windows Server 2012は、ストレージの仮想化で利用効率をアップし、更に重複するデータを除去する事で容量を削減します。

記憶域プールと記憶スペースを使用する事で、複数の物理ディスクを束ねて、一つの大きな仮想ディスクを作成する事ができます。
これによって、容量の異なる物理ディスクをまとめて大容量化する事ができ、ディスクの利用効率が増加します。

仮想ディスクでは、必要に応じて後から物理ディスクを足すことも可能です。

またデータ重複除去機能は強力で、特に重複箇所の多い仮想マシン用のハードディスク(VHD)ファイルを保存する用途にて使用する場合には、大きな削減効果が期待できます。

これらのストレージ仮想化機能により、Windows Server 2012を用いることで、安価に大容量のストレージ導入が可能になります。
従来であれば高価なため、導入できなかった高機能なストレージが、Windows Server 2012によって、身近になります。

WindowsServer2012発売記念キャンペーン

おすすめ商品

WindwosServer2016Esseバンドル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加