【在庫僅少!】PRIMERGY TX1310 M3 Xeonモデル代替品について

アウトレット特別特価

2021/11/26追記
PRIMERGY TX1310 M3 Xeon E3-1225v6モデル売り切れました
次回入荷は12月下旬予定です

昨年から続く半導体不足の影響の中、あらゆる電子部品を利用した製品の納期が悪くなっております。
弊社主力商品のPRIMERGYについても各モデル欠品がでており、大変ご迷惑をおかけしております。

実はPG-Direct一番の売れ筋であるPRIMERGY TX1310 M3 Xeon E3-1125v6モデルも現在の在庫がなくなるとしばらく在庫切れとなってしまいます。
(2021/11/19現在、再入荷は12月予定)

この商品がなくなってしまうと弊社としても困りますが、お困りになるお客様もかなり多いのではないかと思います。
そこで代替品としてお勧めしているのが同じTX1310 M3のPentium G4560モデルです

サーバーなのにPentium?と思われる方も多いと思われますが、実はこのG4560というCPUは同世代のPentiumとしては飛び抜けて高い性能のモデルなのです。

クロック周波数が高めでCPU単体で1万円を切るモデルなのに3.5GHz
何よりも2コアながらPentiumとしては珍しいHyper-Thread機能搭載、4Threadとして動作します。

passmarkで二つのCPUを比較してみます。

Xeon E3-1225v6
Score 6264
https://www.cpubenchmark.net/cpu.php?cpu=Intel+Xeon+E3-1225+v6+%40+3.30GHz&id=3019

Pentium G4560
Score 3518
https://www.cpubenchmark.net/cpu.php?cpu=Intel+Pentium+G4560+%40+3.50GHz&id=2925

さすがに2500点ほど違いますが、エントリサーバー利用となればCPUのこの部分の差というのは影響が少ないはずです。
E3-1225v6と同様に4Thread利用できる利点もあります。

何よりも価格差が大きいです。
両者は税別で27,800円の差があります。

この差額で他の部分をアップグレードすることで、CPUの差をカバーできるのではないかと考えています。

27,800円で何ができる?
メモリを8GBから32GBにアップできる(サードパーティー製で3万円ほど)

27,800円で何ができる?
1TBのHDD2本を1TBのSSD2本に変更できる(サードパーティー製で1.6万円ほど)

27,800円で何ができる?
メモリを16GBにして1TBのHDD2本を1TBのSSD2本に変更できる(サードパーティー製で2.5万円ほど)

サーバー利用というシーンではこの辺りの足回り強化でCPUの差をかなりカバーできるのではないかと考えています。

もちろんご利用用途から代替できるのかどうか、ご相談に乗らせていただきますのでぜひご相談ください。

短納期対応パソコン

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする