いよいよ来月、Windows7サポート終了!

アウトレット特別特価

既にご存知のこととは思いますが、マイクロソフトが提供するOS Windows 7の延長サポートが、2020年1月14日に終了となります。

マイクロソフト社のサポートポリシーは、別のエントリーで記載しているので、そちらもご覧ください。
Microsoft製品サポートライフサイクル一覧

サポートが切れると?

で、Windows7のサポートが切れるとどうなるのでしょうか?

現在、毎月Windows Updateで更新ファイルが配信されていますが、これがなくなります。
つまり、プログラムの不具合や新たな脆弱性が発見されても、対策ができなくなります。

使用を継続する事は可能ですが、現在、外部に接続していないPCは、ほぼ皆無だと思いますので、非常に危険な状態となります。

プライベートはもちろんですが、仕事で使用するPCであれば、重要情報やプライバシー情報など、漏洩したら重大な問題となるリスクが、大きく高まります。

どれだけ残っているんでしょう?

Windows 7は非常に人気のOSでした。多くの企業は、消費税導入前にすでに入替の対策済みですが、直近のデータだと、2019年9月末の時点で、まだなんと890万台が残っているという発表がありました。

この全てが使用されているものではないでしょうが、相当数が1月にサポート終了となるという事実が控えています。

そうすると、世の中の悪い人は、この脆弱性の対策が未対応のPCを絶好のターゲットとして、色々仕掛けてくるのは明白ですね。

実は、PCが不足しています

と、いうわけで、PCの買い替えのニーズは、未だに高いのですが、ここで大問題があります。

供給が間に合っていないのです。

原因は、intel社のCPUの枯渇問題。
ベンダーにもよりますが、これに合わせて大量のオーダーにより、PC(特にビジネス向け)の出荷が遅れているという情報が入っています。

消費増税前には、込み合うだろうと購入を控えていた方も、この製品不足は予想外だったらしく、非常に困っているとお話を伺います。

そんな方は、当店にお問合せください。

各ベンダーの即納PCをそろえております。
しかも、格安です。

即納ノートPC/デスクトップPC

TX1310 M3 Xeonアウトレット処分 TX1320 M3 アウトレット処分 短納期対応パソコン

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする