ファイルサーバ移行テクニック 第一弾

既存ファイルサーバ、NASからSynologyへのデータ移行テクニック

~スタンドアロンの既存ファイルサーバ、NASから、Synologyへデータマイグレーション~

①新規に導入するSynologyに共有フォルダを作成します。

②File Stationを開きます。

③『ツール』→『リモートフォルダをマウント』→『CIFS 共有フォルダ』を開きます。

④移行対象のデータが格納されているファイルサーバ、NASの共有フォルダ名、アカウント、パスワード、Synologyのマウント先を設定します。

⑤マウントをクリックします。

⑥リモートフォルダとしてマウントされます。

⑦既存フォルダの移行対象データを選択します。キーボードのCtrl + Aで全て選択することが出来ます。

⑧移行対象データを右クリックし、コピーを選択します。

⑨移行先のSynologyの共有フォルダ内の何も無いところで右クリックし、貼り付け – 上書きを選択します。

⑩データがコピーされます。

⑪進捗状況が消えると、コピー完了です。

⑫マウントしたリモートフォルダをアンマウントします。ツールからマウントリストを選択します。

⑬リモートフォルダを選択し、アンマウントをクリックします。

⑭リモートフォルダがアンマウントされます。

⑮これでデータの移行が完了です。

⑯必要に応じて権限を設定します。左側のツリー上でルートの共有フォルダを右クリックし、プロパティを開きます。

⑰権限タブから、編集対象の権限を選択し、編集をクリックします。

ルートフォルダ配下のフォルダ、ファイルに適切な権限が継承されていない場合には、上記チェックボックスの「このフォルダ」のみにチェックを入れた状態でOKをクリックし、再び編集から全ての継続にチェックを入れてOKをクリックすることで、権限の再継承を行うことが可能です。

以前ブログに掲載したQuick Connectと組み合わせると・・・
自宅に居ながらにして、休日に会社のファイルサーバの移行を実行出来てしまいます。
非常に便利な組み合わせですので、是非ご活用下さい。