SONY オプティカルディスクアーカイブ

研究データ、適切に管理されていますか?

内閣府、文部科学省(日本学術会議)発信の 研究データの保存等に関するガイドライン(※下部参照)では、研究データは10年間保存の方針が示されています。またオープンサイエンス対応に向けてデータマネジメントプラン(DMP)提出義務化に対する準備も急務となってきております。

研究データの10年間保存ルール

助成機関へのDMP提出義務化

オープンサイエンス対応

さらに、長期保存には、外付けHDD故障など「データ消失リスク」も考慮する必要があります

ソニーの『オプティカルディスク・アーカイブ』なら、研究データを安全に、大容量に、長期保存することができます。

主な特徴

100年保存寿命

USB接続で簡単に運用開始

3.3TB大容量光ディスクシステム

ライトワンス データ改ざんができない不可逆メディア

運用例

運用にあわせてドライブユニットとライブラリーシステムをご用意しております。

主な利用用途

商品の主な仕様

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする