2018年11月TOP500 スパコンランキング

2018年11月版のスパコンの処理性能ランキングTOP500が発表されました。

ランキング1位は、米エネルギー省のオークリッジ国立研究所にある「Summit」。
2位は、前回3位だった米エネルギー省 ローレンスリバモア国立研究所にある「Sierra」。
3位は、中国の「神威太湖之光」となっています。
上位の2システムは。Power9 CPUとNVIDIAのV100 GPUが使われています。

順位 前回 マシン名 LINPACK TFLOPS ピーク

TFLOPS

1 1 Summit

オークリッジ国立研究所

アメリカ 144,500 200,795
2 3 Sierra

ローレンスリバモア国立研究所

アメリカ 94,640 125,712
3 2 Sunway TaihuLight

無錫スーパーコンピューティングセンター

中国 93,015 125,436
4 4 Tianhe-2A

広州スーパーコンピューティングセンター

中国 61,445 100,679
5 6 Piz Daint

スイス国立スーパーコンピューティングセンター

スイス 21,230 27,154
6 9 Trinity

ロスアラモス国立研究所

アメリカ 20,159 41,461
7 5 ABCI

産業技術総合研究所

日本 19,880 32,577
8 SuperMUC-NG

ライプニッツ研究センター

ドイツ 19,477 26,874
9 7 Titan

オークリッジ国立研究所

アメリカ 17,590 27,113
10 8 Sequoia

ローレンスリバモア国立研究所

アメリカ 17,173 20,133

おすすめ商品

WindwosServer2016Esseバンドル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加