【TECHブログ】P2V後、V2V後のNIC、HDDの追加

アウトレット特別特価

お世話になっております。PG-Direct技術の渡邊です。

Arcserveで、簡単にScaleにいままで、使っていたOSはするっと、移って

動いたのですが、デバイスの変更特に、HDD、NIC追加は注意が必要です。

VirtIO(REDHAT系KVM)のドライバが導入されていないので、導入する必要があります。

NICの追加

設定ボタンを押すと、”HDDの追加のマーク”、”NICの追加のマーク”が出てきます。

NIC追加を押します。

ADD NICのウインドウが出ます。

VLANなど、気にしなくて、良いので(うそ)、そのまま”Create”を押します。

MACAdressは、空欄だと、新規に生成します。

ほしい分だけ、繰り返します。

HDDの追加

HDDの追加ボタンを押します。

Add Drive

サイズを入力して、”Create”を押すだけです。

ほしい分だけ、繰り返します。(まとめて作る機能はありません。)

VMwareだと、シックだの、プロビジョニンングだのと、色々ありますが、

Scaleは、これしかありません。

TypeのIDEという、あまり選択したくないものがあります。これは、Windows server 2003など古いOSの場合には、選んであげる必要があります。

DISKとNICのドライバを組み込むためにScaleのDVD(ドライバー集のDISK。ISOファイル)をマウントしておきます。

DVDのマークの(empty)の横の”Insert”を押します。

Scale-virtio-win-0.XXXXXXXXX.iso というドライバDISKを選択します。

”Insert”を押します。

これで、準備は、OKです。

起動します。

追加したデバイスは、”ほかのデバイス”で、OSが認識していません。

デバイスドライバーを更新します。

ディスクを参照します。

CDドライブ>drivers>net>2k12>amd64

を指定してOK。

インストールします。

これで、ドライバの組み込み完了です。

コントロールパネルのネットワークで、NICが認識しているので、IPアドレスなど、設定できる状態になりました。

NICを複数追加した場合は、一度、ドライバ読ませているので、”更新で自動で探す”をすれば、

さくさく、追加できます。

次に不明デバイスのSCSIコントローラです。

NICと同じ要領で、以下のScale Toolsのドライバを読ませます。

CDドライブ>drivers>stor>2k12>amd64

これで、DISKが見えるようになります。

DISKの管理を開くと、追加したDISKが利用できるようになっているので、

初期化>パーティションの作成>フォーマットの順番で、Windowsのいつもの操作で

オンラインにします。

これで、P2VやV2Vの仮想化や引越しの後に拡張ができるようになります。

VirtIOのドライバの組み込みができれば、後はどんな拡張も出来ます。

にしても、簡単ですね。普通のデバイスを追加した際の方法と全く同じです。

Scaleになっても、あわてる必要ありません。

渡邊

TX1310 M3 Xeonアウトレット処分 TX1320 M3 アウトレット処分 短納期対応パソコン

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする