【TECHブログ】Scale Computing への移行方法

いつもお世話になっております。PG-Direct技術の渡邊です。

Scale Computingの情報提供を始めて2ヶ月程度ですが、ブログを読んでいただいたお客様から、デモの依頼や詳細説明がほしいなど、だんだん盛り上がってきております。

今回は、Scale Computing だけではなく、他の仮想基盤でも使えるのですが、

”仮想OS、物理OSの移行”についてお話したいと思います。

Scale Computing 社でもHCI基盤への移行について、かなりたくさんのソリューションを持っており、私もトレーニングの中で、いくつか勉強検討いたしました。

USでは、

Clonezilla (くろーんじら)

https://clonezilla.org/

Carbonaite(かーぼねいと)

https://www.carbonite.com/

を使ったソリューションが、メーカが推しのP2V、V2Vの移行ソリューションのようです。

使っている人には、失礼ですが、日本では正直、両方ともメジャーではないので、日本向けとしてPG-Directでは、”Arcserve”を使ったP2V、V2Vのソリューションをご案内することにしました。

Arcserve社自身がすでにP2V、V2Vでの利用について多くのナレッジを持っており、実績もかなりあります。Scaleの競合製品のNutanix AHVでも利用可能および、推奨ということなので、Scaleも当然。。。いけました。何より、日本では、Arcserve、Acronis、Veritus、Veeam

あたりが、有名どころですので、ここは安心のArcserveで行きます。

個人的ですが、私Arcserveはかれこれ、20年の付き合いでして、Netwareのバックアップからお世話になっているので、かなり信頼しております。昔は、Computer Associatesだったのは、今は、思い出です。

ご用意頂くライセンスもシンプルで1物理サーバにつき、

Arcserve Backup Unified Data Protection(以下UDP) Advance edition を1本買っていただくだけです。

なるべく、1年で、良いので保守も加入すると良いでしょう。何か、自分で消化できないような、問題が発生した際に電話、メールでしっかりメーカがサポートしてくれます。

今回は、Arcserve UDPをHyper-Vを動かしているWindows serverにインストールして、Hyper-V to Scale のV2Vをご紹介します。

ダウンロードは、無償で、製品版がダウンロードできます。また、ライセンスキーを投入しなくても30日間お試し版として、利用できます。また、30日以内にライセンスキーを購入して、ライセンス登録すれば、そのまま正規版として利用できます。とても、やりやすいです。

https://www.arcserve.com/jp/data-protection-solutions/arcserve-udp/

まずは、Hyper-VのサーバにArcserve UDPをインストールします。

インストールは、簡単です。Administratorのパスワード入れるくらいで、インストールが始まります。

インストールが完了します。再起動になりますので、一旦Hyper-V上のOSはシャットダウンか保存しておいてください。

再起動が終わったら、Arcserve UDPのコンソールを起動します。

インストールが、終わったらバックアップを取ります。。。。バックアップを取るところは、

割愛します。m(_ _)m

後は、Scaleにリストアするだけなのですが。

流れを先に紹介すると

Arcserve UDP ブートキットで”起動ディスク”作成。

Scaleでサーバを作成、ブートキットをマウントして起動。

リストアして、移行完了。

ブートメディアキットとは、

Windows PE で、7用(windows 2008)、8.1用(Windows 2012 r2)、ブートディスク(ISOファイル)になります。

起動すると、ArcserveUDPのバックアップサーバもしくは、共有越しのバックアップファイル

にアクセスでき、簡単にリストアしてくれます。

ドライバの組み込みをリストア時に実施することも出来ます。

Scaleの場合は、何もドライバ周りをいじらないでも、何事もなく動きます。(単純な構成であれば。。。ですが)

Scaleに後で、ISOメディアを登録します。

バックアップとリストアメディアを作った状況から、紹介します。

Hyper-vで動いていたサーバのスペックは以下のとおりです。

CPU 4Core

Memory 8GB

HDD C: 70GB

という、シンプルなWindows server 2012 R2 stdです。

(本当は、NICが4つくらいあるのですが。。)

ScaleのゲストOSでサイズを合わせて、新規作成し、boot medeiaは、Uploadした

ブートISOファイルを指定します。

これで、完了です。相変わらず、Scale側は、やることが少ないです。

コツが、少しありましてScaleで指定する際には、実際のサーバよりも5Gで良いので、大きくしとくと良いです。今回は、 移行前 70G → Scale設定 80GBにしてあります。

起動します。

Arcserve Unified Data Protection BMR – x64 を選択します。

Arcserve bare metal recovery の画面が出ます。

リストア リソースを選択する:

Arcserve Unified Data Protection のバックアップからリストアする。を選びます。

バックアップ情報の下にある、”参照”ボタンを押すとプルダウンで、

ネットワークパスの参照

復旧ポイントから参照

”復旧ポイントから参照”

を選択します。

UDPのサーバ(インストール)してバックアップ状況確認するサーバに接続します。

ホスト名:UDPサーバのIPアドレス

ユーザ名:権限のあるユーザ

パスワード:ユーザのパスワード

を入れて、”接続”、押します。

データストアおよび、ノードに復旧対象(V2V)対象のサーバが出てきます。

選択して、閉じます。動いているときは、第2世代のHyperVだったので、

”はい”で変換してしまいます。

”高速モード”のまま、次へ

もともと、空なので、どうぞ、やってください。”はい”を選びます。

パーティションの初期化が始まります。

確認画面が出ますので、”OK”します。

リストアが開始されます。リストアが無事に終わりますと、自動でドライバを組み込む画面に

切り替わります。

ScaleのLINUX VertIO をインストールしなくては。。。と思いますが、スルーして後でやることにします。(実は、するっと動くので、何もしなくても良い場合もあります。)

起動後に勝手に再起動1回します。

ドライバー類も綺麗に入っているようです。何もしないでもこれで、V2V完了です。

もともと、Arcserve UDPは、P2VもV2Vも万能なので、とてもリスクなくScaleへの移行を実現します。

せっかく簡単なシステムを導入するのですから、移行もArcserveで、簡単に進めてみてはいかがでしょうか?

本当は、はまりどころがあったりして、Arcserve社に問い合わせをしようと思ったのですが、

問い合わせる必要はありませんでした。

次回は、ScaleでFTに挑戦(仮)です。

渡邊

おすすめ商品

WindwosServer2016Esseバンドル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加