2018年第2四半期 国内サーバー市場動向

IDC Japanが2018年第2四半期の国内サーバ市場動向を発表しました。

  • 市場規模 前年度との対比 +14.3%(1,159億円)
  • 出荷台数 前年度との対比 +6.3%(11万6,000台)

2四半期ぶりに、売上額が前年同期比でプラス成長、x86サーバとその他のサーバが、前年同期比2桁のプラス成長、x86サーバーは、6四半期連続で前年同期比プラス成長、その他のサーバーは3四半期連続で、2桁のプラス成長とのこと。一方、メインフレームは、3四半期連続で前年同期比2桁のマイナス成長。

2017年第1四半期以来、4四半期ぶりに、出荷額が前年同期比でマイナス成長。
x86サーバが、x86サーバーとその他のサーバーが市場を牽引したものの、メインフレームが2桁パーセントのマイナス成長となり、市場全体のプラス成長にはいたならなかったとのこと。

x86サーバーは、売上額が前年同期比27.7%増の936億円、出荷台数は、前年同期比6.4%増の11万4,370台。
その他のサーバーは、売上額が前年同期比38.2%増の91億円、出荷台数は3.7%増の1,110台。
メインフレームは、売上額が前年同期比38.7%減の132億円。

メーカー別出荷台数は、富士通が首位を維持、2位以下は、NEC、HPE、デル、Lenovoの順。なお、ODM Directの出荷台数は前年同期比、4.6%のプラス成長となり、2位のNECに迫る規模になっているとのこと。

おすすめ商品

WindwosServer2016Esseバンドル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加