【TECHブログ】サーバのバックアップ運用について 【1】

お世話になっております。PG-Direct技術の渡邊です。

関西では、大型台風による被災、北海道では地震による被災と、度重なる自然災害で、被災された方々、企業様には、いち早く通常の営業、環境を取り戻せますよう心よりお祈り申し上げます。

先日PG-Directを運営している国際産業技術株式会社内で、バックアップの営業向け勉強会をしました。今回は、その内容を紹介したいと思います。Windowsサーバを運用している方で、バックアップ運用ってどうすれば良いの?何から手をつければ、良いかわからない。。。という方が、対象です。

【1】バックアップとリストアについて、考えましょう。

Windowsサーバを業務で使っていて、利用できなくなる状況をまずは、考えましょう。

1)ハードウェアの障害。

HDD・電源のハードウェア故障、サーバ機本体の故障

2)データの削除、改変、破壊

サーバ管理者、オペレータのミス、利用者のミス(操作ミス)

ウィルス感染。

ソフトウェアアップデート、Windows Updateによる意図しない動作、不具合

つぎにそのサーバで、サービスする業務(ファイルサーバ、Webサーバ、DBサーバ等)が

どれだけの業務インパクトがあり、復旧までにどこまで、我慢(時間的許容できるか?)

によって、バックアップやリストアの方法が変わってきます。

すぐに使いたい!というのは、当たり前ですが、すぐに使うための準備(復元作業)には

相応の時間がかかりますので、Windows サーバやNASなどを複数台お持ちの場合は、それぞれに復旧要件をまとめておくと良いでしょう。

例1) 社内ファイルサーバ(ホスト名◎◎) 利用者:全社

1)サービス停止、日中許容:平日=1時間。土曜休日=社員に告知の上、6時間程度

夜間停止可能時間:夜間20:00-翌6:00 (利用者に告知の上)

2)データ(ファイル:オフィスファイル、画像ファイル、動画ファイル)

データ単位での復旧までの許容時間:1時間

3)バックアップ手法:◎◎

4)ハードウェア障害時窓口:契約番号:△△ー△△△△△△△△

連絡先:△△△△△△△△△△

例2) 経理勘定系システム(ホスト名◎◎) 利用者:経理部門(主幹:◎◎)

1)サービス停止、日中許容:平日=3時間(夕刻16:00-17:00除く)。

土曜休日=終日可能。

夜間停止可能時間:夜間18:00-翌6:00 (主幹に告知の上)

2)データ(アプリケーション:◎◎ソフトウェア

データベース:MS-SQLサーバ2012)

データ(テーブル単位)での復旧までの許容時間:3時間

復元作業時は、◎◎ソフトウェア様に連絡(保守番号△△△△△△△△△)

ソフトウェア保守対応可能時間(平日9:30-17:00)

3)バックアップ:ソフトウェア内部によるバックアップ+外部バックアップ

4)ハードウェア障害時窓口:契約番号:△△ー△△△△△△△△

連絡先:△△△△△△△△△△

などをサーバ単位、サービス単位で準備しておくといざという時に良いでしょう。

(また、ISOやISMS、IT内部統制などでは、これらの帳票の準備は、監査の際に役立ちます。)

ここでバックアップと一緒にリストア(復元)という言葉が、出てきます。サーバ運用の”あるある大辞典”があれば、

1)サーバのバックアップは取っているが、リストア方法がわからない

リストアしたことがない。

2)サーバのバックアップは、設定したが、”動いているか、管理していない。”

バックアップが、取れいているか自信がない。。

リストア(復元)の練習、テストは必ず必要です。防災訓練と同じですので、年に回か、

実施をして、手順の確認。きちんとリストアできること、などをチェックする体制も

必要です。(中々、難しいですが、先に年間スケジュールを決めておくことが重要です。)

”1回やれば、良いんじゃないの?”

と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、サーバやOS、ソフトウェアは”生き物”です。

勝手に成長(たまに退化)します。知らないうちに別の”生き物”になっていることがあります。(Windowsアップデートやソフトウェアのメンテナンスなどに起因)

特にWindowsアップデートは、運用で使う画面や画面推移なども変えてしまうことがあります。定期的なチェックが必要です。

次回、バックアップについて、実際のオペレーションをふまえて、案内いたします。

【2】につづく

おすすめ商品

WindwosServer2016Esseバンドル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加