【TECHブログ】RX1330M3とTX1310M3ご購入時の検討点

お世話になっております。技術の渡邊です。

サクラも満開で、とても良い天気が続いており、外出しているととても

気持ちが良いですね。(花粉症の方は、ごめんなさいm(_ _)mまだ、まだツライ日が続いていますよね。)

おかげさまで、PG-Directの主力サーバRX1330M3とTX1310M3ですが、好調に販売を続けております。

マニアックな方は、ご存知かもしれませんが、OSインストールでちょっと、注意が必要なので、読んでいただければと思います。

インストールするOS

Windows server 2016

VMware ESXi 6.x(5.x)とDebian系Linux

RHEL・CentOS系

RX1330M3とTX1310M3ですが、形がラックマウントか、デスクトップかの差で中身は、一緒です。追加のオプションなしの場合は、こんな感じのスペックです。

CPU Xeon E3 シリーズ、PentiumG、Celeronのいづれか

Memory MAX 64GB

NIC 1GE x2

MegaRAID SATA Embeded Software RAID SATA HDD RAID0/1/1+0

インストールする際には、以下のツールをご用意ください。

USBのDVDROMドライブ(機械についているのに。。。です。別途用意します。)

②サイズは、小さくてもよいので、USB-メモリ(Megaraidのドライバを入れるのに

使います。)

Windows 2012・2016

これは、全く問題ないです。ただ、若干こつがあるので、こちらを見てください。

http://jp.fujitsu.com/platform/server/primergy/manual/manual-rx1330m3-201704.html

インストールの際にいきなりは、HDDが見えなくて、USBからドライバの読み込みが必要だったりします。

VMware ESXi 6.x Debian 系Linux

こちら、MegaRAID SATA Embeded Software RAIDでRAIDを組んでのインストールは、

できません。どうしてもDISKが2本に見えてしまいます。

ということで、あきらめて、PG-Directに相談して”RAID Card追加で!!”と言ってください。VMware社が正式にサポートしません。と言い切っているので、あきらめてAHCIモードか、ハードウェアRAID追加の2択でお願いします。

CentOS・RHEL

こちらも若干のコツが必要です。姉妹店の老舗サーバ屋さん”Ottoのブログ”です。

http://ottoserver.com/pcserver1/wp/archives/2794

最近は、オンボードのRAIDも性能的に見劣りしてきたので、CentOSとかRHELであれば、

オンボードのRAIDを殺してAHCIに変更し、Linux標準のソフトウェアRAIDもありかなぁとLVMとかで組むのでしたら、復旧もコマンド1本なので。。。

皆さん、春の準備がひと段落して、DIYされる場合には、参考にしてみてください。

おすすめ商品

DELL PowerEdge R230取扱開始、当店なら即納特価
【10台限定】HP EliteBook 820 G3 Notebook PC X3G31PC#ABJ(i5-6300U/8GB/500GB/12.5HD/Win10Pro)
Windows Server 2012R2バンドル特価サーバキャンペーン
HP激安特価
  • このエントリーをはてなブックマークに追加