2017年 国内サーバー市場動向

IDCが2017年の日本国内サーバ市場動向を発表しました。

2017年 国内サーバー市場動向を発表

  • 市場規模 前年度との対比 ▲4.5%(4,698億円)
  • 出荷台数 前年度との対比 ▲0.6%(51万5,000台)

x86サーバの出荷額は、前年比5.3%増の3579億円。クラウドサービスベンダーや企業のデータセンター向けのサーバ出荷が好調だった。クラウドサービスベンダーへのサーバ出荷が増加しているのは、ユーザー企業でコンピュート処理をクラウドサービスに代替するケースが増加していることが背景にあるという。

クラウドサービスベンダーを主な出荷先とするODM Directの出荷額は前年比45.1%増の468億円だった。ODM Directを除いたx86サーバの出荷額は同1.1%増の3111億円。企業のデータセンター(DC)に設置されることが多い2ソケットラックマウントサーバの出荷が好調だった。

ベンダー別出荷額では、

  • 1位 富士通 25.2%
  • 2位 NEC  18.7%
  • 3位 HPE  15.3%
  • 4位 IBM    7.5%
  • 5位 Dell    7.3%
  • -位 Other   25.9%

おすすめ商品

DELL PowerEdge R230取扱開始、当店なら即納特価
【10台限定】HP EliteBook 820 G3 Notebook PC X3G31PC#ABJ(i5-6300U/8GB/500GB/12.5HD/Win10Pro)
Windows Server 2012R2バンドル特価サーバキャンペーン
HP激安特価
  • このエントリーをはてなブックマークに追加