【TECHブログ】RAIDのパフォーマンス

お世話になっております。技術の渡邊です。

今さら?なんですが、RAIDのパフォーマンスについて実験してみようと思います。

最近は、高密度のサーバやNASが増えていて、RAIDの選択や、Volumeの作り方などなど

また、SSDとHDDなど色々考えることがあるところです。

まずは、ベーシックにRAIDのレベルとパフォーマンスについて実験してます。

なるべくRAIDのレベルの差だけを知りたいので、こんな環境でやってみています。

仮想の○○nologyを用意しました。

私のPCは、こんなスペックです。

自分のPCのHDDはSSDなので、仮想DISKで8本ディスクを用意(SSDからVMDKを切り出し)

CPU 1Core / Memory 1GB

DISK 8GB SSD x6

まずは、RAID5 です。DISKが小さいので、一瞬でパリティ整合性チェックなども終わります。

PCが古いせいでしょうか?SSDで6本もあるのですが、こんな感じの結果でした。

ちょっと、気に入らないので、倍の12本に増やします。

やっぱり、仮想は便利ですね。仮想のサーバも反応良くて、すぐにDISKを認識します。

特に再起動なんて必要ないです。

あれ? 遅くなったんですけど。。。

速くなるわけないですね。そもそものPCのDISKは、SATAの6Gbpsのインターフェースに

つながっているわけでして、そのバスの中に何台DISKのIOを流してもトータルは6Gbpsを

超えるわけがなく、またDISKを増やしたぶんだけ、バスの中のIOキューが増えるので、

遅くなって当然でした。。。

とりあえず、RAID6に組みなおします。

早速、調べてみます。

RAID6のほうが、速い?!

なんでこうなったのか、さっぱり意味がわかりません。

とりあえず、このブログは、見なかったことにしてください。

今度は、きちんとオンプレの機械で測定します。

おすすめ商品

WindwosServer2016Esseバンドル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加