【TECHブログ】RAIDのパフォーマンス

お世話になっております。技術の渡邊です。

今さら?なんですが、RAIDのパフォーマンスについて実験してみようと思います。

最近は、高密度のサーバやNASが増えていて、RAIDの選択や、Volumeの作り方などなど

また、SSDとHDDなど色々考えることがあるところです。

まずは、ベーシックにRAIDのレベルとパフォーマンスについて実験してます。

なるべくRAIDのレベルの差だけを知りたいので、こんな環境でやってみています。

仮想の○○nologyを用意しました。

私のPCは、こんなスペックです。

自分のPCのHDDはSSDなので、仮想DISKで8本ディスクを用意(SSDからVMDKを切り出し)

CPU 1Core / Memory 1GB

DISK 8GB SSD x6

まずは、RAID5 です。DISKが小さいので、一瞬でパリティ整合性チェックなども終わります。

PCが古いせいでしょうか?SSDで6本もあるのですが、こんな感じの結果でした。

ちょっと、気に入らないので、倍の12本に増やします。

やっぱり、仮想は便利ですね。仮想のサーバも反応良くて、すぐにDISKを認識します。

特に再起動なんて必要ないです。

あれ? 遅くなったんですけど。。。

速くなるわけないですね。そもそものPCのDISKは、SATAの6Gbpsのインターフェースに

つながっているわけでして、そのバスの中に何台DISKのIOを流してもトータルは6Gbpsを

超えるわけがなく、またDISKを増やしたぶんだけ、バスの中のIOキューが増えるので、

遅くなって当然でした。。。

とりあえず、RAID6に組みなおします。

早速、調べてみます。

RAID6のほうが、速い?!

なんでこうなったのか、さっぱり意味がわかりません。

とりあえず、このブログは、見なかったことにしてください。

今度は、きちんとオンプレの機械で測定します。

おすすめ商品

DELL PowerEdge R230取扱開始、当店なら即納特価
【10台限定】HP EliteBook 820 G3 Notebook PC X3G31PC#ABJ(i5-6300U/8GB/500GB/12.5HD/Win10Pro)
Windows Server 2012R2バンドル特価サーバキャンペーン
HP激安特価
  • このエントリーをはてなブックマークに追加