【TECHブログ】Windows10で、SMB1.0が切られた。ちょっと古いのですが。。。

お世話になっております。技術の渡邊です。

PG-DirectでもNASの販売を始めて、5年がたちまして、結構、ファイルサーバ=NASも当たり前になってきました。

古いNASや新しいNASでもそうなのですが、Windowsのクライアントから接続する場合は、SMB(CIFS)というプロトコルを使っています。

SMBのプロトコルですが、バージョンがありまして新しいバージョンの方が効率が良いです。

世代は、以下のような感じになってます。

Windows XP(Server 2003)=SMB1.0

Windows 7 (Server 2008)= SMB2.0<

Windows8 (Server 2012)= SMB2.5<

Windows 10 (Server 2016)= SMB3.0<

SMB(CIFS)の基本的な特徴は、接続の際にお互い(サーバとクライアント)でバージョンの

確認をします。Ethernet のネゴシエーションと同じ仕組みでして、お互いのセッションで、

一番上位で通信できる組み合わせになります。

サーバ SMB3.0 クライアント SMB2.5

とかの場合は、SMB2.5で通信します。

Windows 10やPowerShellを搭載したクライアント(サーバ)では、SMBの接続が今どのバージョンで接続しているかの確認ができます。

[管理者として実行]→[PowerShell]

Get-SmbConnection

で、バージョンを確認できます。

表題のWindows10の件です。(忘れては、いけません。)

https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4034314/smbv1-is-not-installed-windows-10-and-windows-server-version-1709

Windows Updateしていると、突然SMB1.0が使えなくなります。

使用することもできます。その場合は、[コントロールパネル]→[Windowsの機能]で有効にすることができます。

NAS側で、SMBの調整をして、解決することも出来ます。

たとえば、NASで、SMB1.0、2.0しか利用できないような場合は、設定変更でSMB3.0にあげてWindows10に対応するように変更することが出来ます。

Synologyの例です。

まず、DMSにログインしてください。

コントロールパネルを開きます。

ファイルサービスを開きます。

詳細設定を開きます。

最大SMBプロトコルを3にして、適用してすべて閉じます。

これで、SMB3が有効になるので、Windows10からのアクセスが高速になるとともに

仮にSMB2.0とSMB1.0の設定になっていれば、今までつながらなかったと思いますが、

つながるようになります。

MSのTECHブログで、見つけたので、気になっていましたので、追加しました。

https://social.technet.microsoft.com/Forums/en-US/ec0c4949-c351-4c1b-93be-803155ba9e61/problems-connecting-to-synology-nas-in-windows-10?forum=win10itpronetworking

参考にしてみてください。

おすすめ商品

DELL PowerEdge R230取扱開始、当店なら即納特価
【10台限定】HP EliteBook 820 G3 Notebook PC X3G31PC#ABJ(i5-6300U/8GB/500GB/12.5HD/Win10Pro)
Windows Server 2012R2バンドル特価サーバキャンペーン
HP激安特価
  • このエントリーをはてなブックマークに追加