【TECHブログ】WesternDigital社のセミナーに行ってきました。

KSGコンサルの渡邊です。

先日、キヤノン様主催のWD社、Nexenta社様のSSD、HDD、SDSの勉強セミナーに参加してきました。

実は、NHKのこの番組を見た後に参加したので、熱いものがありました。

https://www.nhk.or.jp/docudocu/program/92225/2225516/index.html

世界を変えた“はみ出しエンジニア”たち。元東芝の舛岡さんの物語です。

もともと、フラッシュは、日本の技術なんですよね。世界を変えた。。。という、言葉がぴったりはまります。

WD社様の話でもFLASHは、いろいろなものを駆逐しつづけたという話をされていました。

確かに、FLASHデバイスの台頭で、

テープデバイス

写真フィルム

フロッピーディスク

音楽CD・DVD

がなくなり(大幅減少)し、また

世界の何億人もの人が利用しているスマートフォンや、現在のPCもFLASHの技術なくして

ここまで発展は無かったと思います。

WD社ですが、今は傘下にSAN Disk・HGSTがあり、記憶媒体メーカとしては、SGT(Seagate)・Sumsung・東芝と4大巨頭の一角を担っています。

東芝とは、協業体制もありますし、藤沢、大船などの工場でものづくりしているので、実は、”MAID IN JAPAN”なんですよね。

長くなりそうなので、細かい話は置いておきますが、FLASHは、勢いが違いますね。

弊社でもNVMeやSSDを大量に販売していて、金額ベースだとHDDにかなり近いところにきています。

このブログでも少しづつですが、FLASHの活用方法、メリット、(デメリット?)などを

ご紹介したいと思います。

WD GOLD シリーズ期間限定特価品

おすすめ商品

WindwosServer2016Esseバンドル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加