NVMe(NVM Express)爆速サーバ、限定特価

intel製NVMe SSD組込モデル特価

SSDも一般的になって来て、最先端のトレンドは、NVMeになっています。

NVMeとは

NVMeとは、SATAに代わるインターフェース規格で、PCI Expressバスを使用し、SATAの物理的な限界、転送速度である6Gbpsを超えて、最大のスループットを可能にします。

今回ご紹介するのは、データセンター/サーバー向けのSSDのブランドになるIntel SSD DCシリーズのブランドを冠した、Intel SSD DC P3520シリーズ。

PC仕様ではなく、intelのエンタープライズのサーバ仕様のNVMe SSDを搭載する事で、安定性と、従来にない、高速アクセスが可能となりました。

NVMeを採用していることでSATAのボトルネックを回避し、NANDフラッシュメモリが持つ最大性能を引き出せます。

仮想化環境やDBなどで、今までにないパフォーマンスを発揮します。

ラインナップは、1.2TB2.0TBの2種類。

2.0TBは、なんと、

  • シーケンシャルリード:1,700MB/sライト:1,350MB/s
  • ランダム4Kリード:375,000IOPS
  • ライト:26,000IOPS

という公表値です。

1.2TBは、

  • シーケンシャルリード:1,700MB/s
  • ライト:1,300MB/s
  • ランダム4Kリード:320,000IOPS
  • ライト:26,000IOPS

SATA接続のIntel SSD DC S3510と比較して、4KBランダムリードで約5倍、レイテンシは1/4になるとの事。

安心の組込モデル

エンタープライズ向けのNVMe SSDは、まだ日本では一般的ではありませんが、USよりintel正規品を直輸入して、組み込みました。

組込モデルですので、NVMe対応か否かなどは検証済み
高価なSSDなので、パーツレベルだと、不安でもありますよね。

日本国内で、このモデルを組み込んでの販売は、当店のみです。

さらに、爆速キャンペーンとして、赤字特価の大提供。

中規模システムの運用や、これからのNVMe本格運用のテスト環境としても、大きくお勧めします。

組込モデルのご紹介

【ESXi6.5】富士通 PRIMERGY TX1320 M3 64GB1.2TB NVMeモデル

【ESXi6.5】富士通 PRIMERGY TX1320 M3 64GB1.2TB NVMe・1.92TB SSDx2モデル

【WinSVR2016】富士通 PRIMERGY TX1320 M3 64GB 1.2TB NVMe 4TB x2モデル

【WinSVR2016】富士通 PRIMERGY TX1320 M3 64GB 1.2TB NVMeモデル

富士通 PRIMERGY RX1330M2 64GB 1.2TB NVMe 1.92TB SSD x2 冗長電源モデル 

おすすめ商品

WindwosServer2016Esseバンドル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加