WindowsStorageServer2016 エディション別比較

ファイルサーバ向けOSのスタンダード、Microsoft Windows Storage Server 2016

Windows Server 2016 ベースのアプライアンス向け OS です。

Windows系列なので、Active Directoryを含めたWindowsのネットワーク環境との親和性が非常に高く、リモートデスクトップを用いた設定など、操作性もWindowsそのままの感覚で使えるメリットがあります。

簡単に各エディションの違いをまとめました。

機   能 Workgroup Standard
ハードウェア
最大 CPU および VM 数 1 / 0 2 / 2
最大メモリ 32 GB 無制限
最大ディスク数 6 無制限
ハードウェア RAID
ユーザー
最大同時 SMB 接続 250 無制限
最大ユーザー数 50 無制限
ソフトウェアの機能
ファイル共有 (SMB / NFS)
オンライン バックアップ
DFS レプリケーション
ファイル分類インフラストラクチャ (FCI)
ファイル サーバー リソース マネージャー (FSRM)
ドメイン参加
共有ブロック記憶域 (iSCSI ターゲット + ブート)
OEM カスタマイズされた Out of Box エクスペリエンス
記憶域スペース
重複除去 ×
BranchCach – ホスト型キャッシュ ×
仮想化 × ホスト+ 2VM
クラスタリング (AD / DNS 含む) ×
簡略化されたクラスターのセットアップ ×
ネットワーク インフラ (DHCP / DNS / WINS) ×
記憶域スペース ダイレクトとボリューム レプリケーション × ×
ドメイン コントローラーを含む AD の役割 (RODC) × ×
Active Directory (ドメイン コントローラー、証明書サービス、Federation Services、Rights Management) × ×
アプリケーション サーバー、ネットワーク ポリシー、リモート デスクトップ接続ブローカー、WDS と Fax サーバー × ×

 

おすすめ商品

DELL PowerEdge R230取扱開始、当店なら即納特価
【10台限定】HP EliteBook 820 G3 Notebook PC X3G31PC#ABJ(i5-6300U/8GB/500GB/12.5HD/Win10Pro)
Windows Server 2012R2バンドル特価サーバキャンペーン
HP激安特価
  • このエントリーをはてなブックマークに追加