ファーストサーバに約2,300ユーザーの復元データが情報漏洩の可能性が

ComputerWorldの記事より、ファーストサーバについて、
大規模障害の復旧作業において、約2,300ユーザーの復元データの一部が情報漏洩していた可能性があることを確認したと発表した。
対象サーバ数103台、最大2,308ユーザー(法人および非法人)分の復元データの一部が、同じく障害の影響を受けた145ユーザーのデータ領域に混在した可能性があることを確認したという。1者あたりの混在先は最大で6ユーザーであることが判明している
との事。ファーストサーバ、ファイル誤参照の障害で約2,300ユーザーの復元データが情報漏洩の可能性

このうち、専用サーバサービスでは、1台の物理サーバにつき1契約だが、「EC-CUBEクラウドサーバ」は1台の物理サーバにつき最大60契約を収容しているとの事で、同物理サーバ上のデータが混在の影響を受けている可能性があるとの事です。

仮想化環境を含め、バックアップの重要性を再確認させられるニュースです。
バックアップツール特集

VMware BackUpセット

おすすめ商品

DELL PowerEdge R230取扱開始、当店なら即納特価
【10台限定】HP EliteBook 820 G3 Notebook PC X3G31PC#ABJ(i5-6300U/8GB/500GB/12.5HD/Win10Pro)
Windows Server 2012R2バンドル特価サーバキャンペーン
HP激安特価
  • このエントリーをはてなブックマークに追加