Office 2007サポート終了まで3カ月

アウトレット特別特価

Microsoftが提供する「Office 2007」や「SharePoint Server 2007」のサポート終了が10月に迫っています。

製品発売後、メインストリームサポート5年間と、延長サポート5年間のあわせて最低10年間のサポートを提供となっており、「Office 2007」および「SharePoint Server 2007」に関しては、2012年10月9日にメインストリームサポートを終了、その後移行した延長サポートについても10月のセキュリティアップデート公開の10月10日に終わります。

サポート終了後は、セキュリティ更新プログラムが提供されなくなり、脆弱性を修正できなくなることにくわえ、脆弱性の有無についても公表されなくなります。

これを機にOffice2016/365へアップデートや一緒にパソコンのリプレイスをご検討をお勧めします。