WindowsServer CALのよくあるご質問

アウトレット特別特価

■CALを購入しないでWindows Serverに接続するとどうなりますか?
CALを取得せずにサーバーに接続することはライセンス違反です。
Windows Serverの不正利用と見なされるため、十分にご注意ください。
■CALは、なぜ必要なのでしょうか?
サーバーから提供される機能/サービスを利用するために必要なライセンスがCALです。ライセンスを正規に取得することで提供されるサービスを利用できるという契約が成立します。
■Windows ServerCALは、Standard、Datacenterエディションに関わらず使えますか?
CALはWindows Serverのバージョン(2008や2012)に対応するCALが必要ですが、エディション(StandardやDatacenterといった同一バージョンでの機能差を示す名称)では関係なく利用いただけます。
■Windows ServerのサーバーCAL以外にも他のCALが必要ですか?
リモートデスクトップ接続をご利用の場合は、RDS CALが必要になります。
詳しくはメーカーページをご確認ください。
■DSP版のCALを持っているユーザー(デバイス)は、パッケージ版やボリューム
 ライセンス版のWindows Serverを利用できますか?
正しいCALバージョンで、必要なユーザー数やデバイス数の分のCALをお持ちであれば、異なる種類(OEM版/パッケージ版/ボリュームライセンス版)のWindows Serverがあってもすべて利用可能です。
■Windows Serverが複数あります。その際、利用Windows ServerごとにCALが必要
 ですか?
不要です。
最初にユーザーやデバイスに正しい数のCALが割り当てられていれば、その後サーバーが増えてもCALを追加する必要はありません。
また最新バージョンのCALをお持ちであれば、それ以前のバージョンのWindows Serverにもアクセス可能です。
■Windows Server 2012Hyper-Vで仮想環境を構築していますが、仮想インスタンスは
 すべてWindows Server 2008/2008R2です。必要なCALを教えてください。
Windows Server 2012をHyper-V仮想環境設定のためだけに利用し、仮想インスタンスがすべてWindows Server 2008/2008R2の場合、ユーザーまたはデバイスのCALは2008バージョンで問題ありません。ただしホスト側のWindows Server 2012で、仮想環境設定以外の役割を利用する場合には、CALも2012のバージョンが必要になります。

■Microsoft Windwos Server CAL(DSP/OEM)
http://www.pg-direct.jp/products/list.php?category_id=1117

■Microsoft Windows Server CAL(Open Business)
http://www.pg-direct.jp/products/list.php?category_id=1116

■Microsoft Remort Desktop Service CAL(Open Business)
http://www.pg-direct.jp/products/list.php?category_id=1115

■Microsoft SQL CAL(Open Business)
http://www.pg-direct.jp/products/list.php?category_id=1113