Windows Server 2016での仮想化とライセンス

OSEについて

OSE(Operating System Environment)とは、オペレーティング システム環境の事で、Windows Serverの実行環境の事を指します。

OSEには、物理的なものと仮想的なものの 2種類があります。

物理OSE

物理OSEは、物理ハードウェア システム上で直接作動するよう構成されている OSE です。
ハードウェア仮想化ソフトウェア (たとえば Microsoft Hyper-V Server または類似のテクノロジなど) を実行するため、またはハードウェア仮想化サービス (Microsoft 仮想化テクノロジまたは類似のテクノロジなど) を提供するために使用されるオペレーティング システム インスタンスは、物理 OSE の一部です。

仮想OSE

仮想 OSE は、仮想 (またはエミュレートされた) ハードウェア システムを実行するために構成される OSEです。

Windows Server(StandardおよびDatacenter)は、仮想実行環境(仮想OSE)を備えています。
そのため、複数の仮想マシンで動作できますが、1つのOSEは必ず物理環境(物理OSE)での実行となります。

エディションによるOSEの違い

Windows Server 2016のエディションによるOSEの数は下記となります。
下記の範囲で利用可能となります。

機能 Datacenter Standard
OSE / Hyper-V コンテナー 無制限 2

なお、Standardエディションで2つを超えるOSEを利用する場合には、追加で物理コア分のコアライセンスの購入すれば、2つのOSEが追加となります。

Windows Server 2016バンドルサーバ特価