Windows Server 2012に、Windows Server 2016のCALは使えるのか?

Windows Server OS(Standard/Datacenter)を利用するには、別途CAL(クライアントアクセスライセンス)が必要です。

CALについては、下記のエントリーをご参考ください。

最近、何件か、どのCALを選べば良いかという、お問合せいただく事が多いです。

CALには、バージョンがあり、OSのバージョンに合わせてたものを用意しなければなりません。

但し、CALは下位互換ですので、例えば、Windows Server2012のCALは、Windows Server 2012の外に、前のバージョンのWindows Server 2008にも利用ができます。

そのため、Windows Server 2012であれば、Windows Server 2012ならびにWindows Server 2016のCALがご利用いただけます。

まだ、OS自体は実績があり枯れた2012でという方にも、CALは、今後の事も考え、2016をおすすめしています

おすすめ商品

WindwosServer2016Esseバンドル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加