Windows Server 2016(DSP版)取扱開始

アウトレット特別特価

マイクロソフトのサーバOS、Windows Serverの最新版、Windows Server 2016 DSP版の取り扱いを開始しました。

Windows Server 2016のライセンス体系は、下記になります。

エディション 最適な環境 ライセンス モデル CAL 要件
Datacenter 高度に仮想化された環境、および Software Defined Datacenter 環境 コア/CAL 単位
(コア ベース)
Windows Server CAL
Standard ほとんど仮想化されていない、あるいは、まったく仮想化されていない環境 コア/CAL 単位
(コア ベース)
Windows Server CAL
Essentials ユーザー数が 25 名以内で、デバイスが 50 台以内の小規模組織 特殊サーバー
(サーバー ライセンス)
CAL 不要

今回取扱のDSP版は、StandardおよびEssentialsとなります。

  • Windows Server Standard 2016 64Bit (16 Core)
  • Windows Server Standard 2016 64Bit (24 Core)
  • Windows Server Essentials 2016 64Bit

なお、Windows Server 2016より新たに取り入れられたコンテナなどの機能については、エディション毎で、利用の範囲および可否が異なります。

Datacenter Standard
Windows Server の基本機能
オペレーティング システム環境 (OSE/Hyper-V コンテナー) 無制限 2
Windows Server コンテナー 無制限 無制限
ホスト ガーディアン サービス
Nano Server
記憶域スペース ダイレクト、記憶域レプリカなどのストレージ機能
シールドされた仮想マシン
ネットワーク スタック

また、2016より、DatacenterおよびStandardは、コアライセンスとなりました。

詳細は、下記エントリーをご確認ください。
Windows Server 2016販売開始、コアライセンスの考え方

Essentialsのみ、従来のCPUライセンスとなります。
(25ユーザーおよび 50デバイス、CAL不要)

■Windows Server2016 Standardバンドルサーバ
http://www.pg-direct.jp/products/list.php?category_id=958

■Windows Server 2016 Essentialsバンドルサーバ
http://www.pg-direct.jp/products/list.php?category_id=959

■Windows Storage Server 2016 Workgroupプリインストールサーバ
http://www.pg-direct.jp/products/list.php?category_id=957

■Windows Storage Server 2016 Standardプリインストールサーバ
http://www.pg-direct.jp/products/list.php?category_id=956