本当にクラウドで良いの?コストから見たオンプレという選択

アウトレット特別特価

以前に比べ、クラウドも、一般的となり、尖ったサービスでは無くなってきています。

各社のサービスメニューも揃い、価格も安定してきたので、参入への障壁も少なくなり、「システムの入れ替えはクラウドで」という会社も増えていると思います。

でも、よく考えてください。

本当にクラウドで良いですか?

実際、当店のお客様の何人かは、某大手クラウドサービスからのオンプレ回帰と伺いました。

クラウドは、ハードの購入を伴わないので、イニシャルコストが非常に安いです。

このため、サーバを設置するための、お金やスペースの無い、スタートアップには、敷居の低いサービスです。

但し、毎月課金されます。

サービス毎で、料金体系が異なる事も多いので、見逃しがちですが、用途と料金体系を検証する必要があります。

なぜなら、一旦データを預けて運用を始めてしまえば、引っ越しはかなりのストレスとなるからです。

あるお客様は、クラウドにDBを構築し、そのデータを利用したシステムを組まれていましたが、気づいた時には高額の請求となっており、急ぎオンプレに変更しました。

コスト的な観点から見れば、一般的には、アプリケーションサーバも、あまりクラウドには向かないと言われています。

クラウドを利用するに当たっては、アプリケーションのデザインとコードを検証して、そのアプリが消費するクラウドリソースの量を調査する必要があります。

また、上りと下りの通信量による価格差があるサービスの場合は、想定される用途と、データ通信量を想定して、計算する必要もあると思います。

逆に、クラウドの方に、歩がありあそうな利用用途としては、開発用サーバなど、長期では使用しないが、ROOT権限を含め、サーバを建てる必要のある用途でしょう。

上記のDBのお客様は、上りに比べ、下りの通信料が高い設定のサービスを利用されていました。

当然、データを引き出すたびに、想定以上のコストがかかっている計算です。

システムの寿命を踏まえ、どちらがメリットがあるかの比較をおすすめします

短納期対応パソコン

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする